VWグループにはこんなイケてるワゴンもある!? クプラ「レオン VZ」改良型は最大310馬力

■ラインアップ最強の2.0リットルTSIエンジンを搭載

スペインを拠点とするセアトの高性能部門「クプラ」が開発を進めるパフォーマンスツアラー「レオン」改良型のプロトタイプをカメラが捉えました。

クプラ レオン スポーツツアラー VZ 改良型
クプラ レオン スポーツツアラー VZ 改良型

クプラは、フォルクスワーゲン(VW)グループ傘下のセアトが展開するパフォーマンスブランドで、現行型クプラ レオンは2020年に登場しており、これが初の大幅改良となります。

プロトタイプはボディを厳重にカモフラージュしていますが、巨大なインテークを備えた新設計のアグレッシブなフロントバンパーが装備されていることがわかります。

また、三角形の形をした3つのLEDデイタイムランニングライトモジュールを備えたスリムなヘッドライトになることが濃厚です。さらに、運転席側のフロントフェンダーに充電ポートがないことから、プロトタイプがプラグインハイブリッドではないこともわかります。

クプラ レオン スポーツツアラー VZ 改良型
クプラ レオン スポーツツアラー VZ 改良型

リアエンドでは、改良されたクプラバッジを隠すリフトゲート、グラフィックを刷新するLEDテールライトも見てとれます。そして、円形クワッドエキゾーストパイプから判断すると、最大310psを発揮する「Cupra Loen Sportstourer VZ」である可能性が高いようです。

エンジンラインアップは、最高出力150ps・最大トルク250Nmを発揮する1.5L TSI 4気筒、最高出力190ps・最大トルク245psを発揮する2.0リットルTSI、さらには1.4LのTSIエンジンと電気モーター、13kWhのバッテリーパックを搭載したプラグインハイブリッドも設定。こちらは最高出力204psと245psを発揮、EV航続距離は37.9マイル(61km)の動力性能を持ちます。

そして、このプロトタイプはラインアップ最強の2.0L TSIエンジンを搭載、最高出力310ps・最大トルク400Nmを発揮すると思われます。

正式な発表は今年2023年後半の予定で、販売は2023年末または2024年初頭に開始される可能性が高いようです。

VWグループは、燃焼エンジンを搭載した第9世代のゴルフを製造しないことをすでに決定していることから、レオンもこれが最後のICEモデルになると予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO 近影

APOLLO

アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年には・・・