GクラスのEV版「EQG」、最新プロトタイプの内部に「ドーナツターン」ボタンが!

■独立したフロントサスペンションとリジッドリアアクスル、4つの電気モーターを装備

メルセデス・ベンツは現在、人気オフローダー「Gクラス」(ゲレンデヴァーゲン)のエレクトリック版となる『EQG』を開発していますが、その最新プロトタイプを捉えるとともに、内部を激写しました。

Mercedes EQG Inside out 8
メルセデス・ベンツ EQG 市販型プロトタイプ スパイショット

初めて捉えたコクピットには、ドライバー側からセンタースタックまで広がるワイドなデジタルディスプレイを搭載。新設計のフラットボトムステアリングホイールを装備するなど、ベースとなるGクラスと非常に似たレイアウトに見えます。

中央にある丸いエアベントと、ボタンのあるクラスターも一見、同じに見えますが、Gクラスがデフロックするための3つのロッカースイッチを配置するのに対し、EQGでは、「ローレンジ」ボタンと「Gターン」機能を有効にするスイッチが見られます。

さらに下に移動すると、アナログ時計と周囲のボタンが削除されているなど、Gクラスより洗練されている様子が伺えます。

Mercedes EQG Inside out 1
メルセデス・ベンツ EQG 市販型プロトタイプ コックピット

エクステリアは、依然デジタルカモフラージュで覆われていますが、フロントエンドでは、最終的にコンセプトモデルのようにグリルが完全に囲まれていない可能性もあるといいます。

また、空気力学的に最適化されたホイールと、抗力を最小限に抑えるのに役立つと思われる、独自のフェンダーフレアベントも確認できます。

市販型では、独立したフロントサスペンションとリジッドリアアクスルを装備し、4つの電気モーターとGターン(ドーナツターン)モード、およびファンが期待するすべてのオフロード機能も搭載されています。

同ブランドでは、バッテリーパックが低重心を提供、電気モーターが巨大な牽引力と制御性を備えており、「急な坂道や深い地形でも有利であることを証明している」と語っています。

Mercedes EQG Inside out 13
メルセデス・ベンツ EQG 市販型プロトタイプ スパイショット

またシリコンアノード技術を使用する拡張バッテリーパックをオプションで提供することが明らかになっています。

これはエネルギー密度を20~40%増加させ、同じスペースにより多くのエネルギーを蓄えることで航続距離を大幅に伸ばすことが可能になるといいます。

先日報じたとおり、現在メルセデスは「EQ」ブランド廃止に向けて動いている可能性が高く、市販型では「EQG」を名乗るか断言できません。このGクラスEV版のワールドプレミアは、2023年内と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?