リアエンド先行公開!マツダ新フラッグシップSUV「CX-90」、1月デビューへ

■「e-SKYACTIV PHEV」搭載で最大327ps発揮

マツダは現在、次世代フラッグシップクロスオーバーSUV「CX-90」を開発していますが、その最新ディザーイメージが公開されました。

マツダ CX-90_002
マツダ CX-90 ティザーイメージ

同ブランドは新たなSUVラインアップを構築中で、2022年9月には「ラージ・アーキテクチャー」を採用した初のモデル「CX-60」を発売したばかりです。

そのラージ・アーキテクチャーを採用するCXシリーズの頂点に君臨するのが「CX-90」となります。

マツダ CX-90_003
マツダ CX-90 ティザーイメージ

同ブランドでは、CX-90を「エレガントで大胆かつパワフルな感情の道具であり、あなたが共有するすべての体験をキュレートし、強化するように作られ、設計されている」と約束しています。

以前公開されたティザーイメージでは、フロントフェンダーの一部をチラ見せ、直列6気筒エンジンを示唆する「INLINE6」のバッジが確認できましたが、最新ティザーでは、新設計されたテールライトが露出。

外側にボックス型のセクションがあり、内側に従って絞られているデザインや、內部のLEDストリップが確認できるほか、リアウィンドウの丸みを帯びた下縁も見てとれます。

さらに充電ケーブルを持っている人影があり、画像の右側に見えることからも、PHEVシステムのプラグがCX-90の右側にあることを示唆しています。

パワートレインは、CX-60から2.5リットル直列4気筒+電気モーター「e-SKYACTIV PHEV」を流用、最高出力327ps・最大トルク500Nmを発揮します。このセットアップでは、5.8秒で時速100km/hに到達、最高速度は200km/h、電気のみの航続距離は39マイル(63km)の動力パフォーマンスを持ちます。

そのほか、3.3リットル直列6気筒ガソリン/ディーゼルターボ+48Vマイルドハイブリッドもラインアップされます。

マツダ最大のSUVとなる3列7人乗り「CX-90」のワールドプレミアは、1月に予定されています。CX-90が2015年に導入されたCX-9に取って代わるか、それとも一緒に販売されるかは不明ですが、CX-50はCX-5と一緒に販売されるため、同様の措置が取られる可能性が高いと見られます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?