ルノー・アルカナにマイルドハイブリッド仕様の「R.S. LINE MILD HYBRID」が追加

■価格は399万円で、WLTCモード燃費は17.0km/L

ルノーのCセグメント級クロスオーバーSUVのアルカナに、2022年11月24日、マイルドハイブリッド仕様が設定されました。アルカナは、ルノー独自のフルハイブリッドである「E-TECH HYBRID」のみでしたので、新たな選択肢が加わったことになります。

ルノー アルカナ
ルノー アルカナに1.3Lのマイルドハイブリッド仕様が追加された

「ルノー アルカナ R.S. LINE MILD HYBRID」は、1.3Lの直列4気筒ターボエンジンに補助モーターのBSG、12Vリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

減速エネルギーを回生し、12Vリチウムイオン電池にためることで、発進や加速時にモーターを駆動させることでエンジンをアシスト。これにより、スムーズな走りや燃費向上に寄与。

ルノー アルカナ
「オランジュ バレンシア・メタリック」

そのほか、アイドリングストップを備えるのはもちろん、走行時に負荷に応じてエンジンを停止するコースティング(滑走)であるクルージング機能によって燃費にも貢献しています。

組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチトランスミッションである7速EDC。同トランスミッションにより、スムーズかつダイレクト感のある変速フィールに加えて、パドルシフトも用意されていて、自在感のある走りを引き出せます。積載性の高さもマイルドハイブリッド仕様の美点。

ルノー・アルカナ
マイルドハイブリッド仕様、フルハイブリッド仕様から選べるようになった

フルハイブリッドの「E-TECH HYBRID」は480Lという荷室容量で、マイルドハイブリッド仕様は33L増となる513Lが確保されています。

また、フルハイブリッド仕様と同様に最新の安全装備も搭載されています。衝突被害軽減ブレーキの「アクティブエマージェンシーブレーキ」をはじめ、ストップ&ゴー機能付の「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」、車線中央維持機能の「レーンセンタリングアシスト」、360°カメラなどがドライバーを補助します。

ルノー アルカナ
「ブルー ザンジバル・メタリック」

ボディカラーは「ブラン ペルレ・メタリック(3万5000円)」「ブルー ザンジバル・メタリック」「オランジュ バレンシア・メタリック」「ノワール メタル・メタリック」。

なお、フルハイブリッドの「R.S.LINE E-TECH HYBRID」は429万円で、WLTCモード燃費は22.8km/L。今回追加された「R.S. LINE MILD HYBRID」は、同17.0km/Lとなっています。価格差は30万円となっていて、アルカナの販売増に寄与するのは間違いないでしょう。

●ボディサイズ:全長4570×全幅1820×全高1580mm
●価格:399万円

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。