ヒョンデ初の電動パフォーマンスハッチ「アイオニック5 N」をキャッチ。最終デザインで見えた異様なフード形状

■ボンネットフードの4個の膨らみは市販デザインか?

ヒョンデは現在、電動ハッチバック「アイオニック5」の頂点に君臨する「アイオニック5 N」を開発中ですが、その最新プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スパイショット。フロント
ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スパイショット

捉えたプロトタイプは、これまで装着していたクラッディングの多くが姿を消し、最終デザインが見えてきました。

フロントエンドでは、ベースモデルのフラットなボンネットフードとは対照的に、4個の膨らみが見てとれるほか、ヘッドライトクラスターの內部もわずかに変更されているように見えます。

また下部バンパーはエアインテークが拡大するなどアグレッシブなデザインに進化しています。

ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スパイショット。サイドビュー
ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スパイショット

足回りでは、大径ホイールに大型ブレーキが装着され、リアエンドではバンパーに統合されたエアロコンポーネント、ディフューザー、そしてブーメラン型のエアアウトレットが配置されている模様です。

市販型では、「Kia EV6 GT」と800ボルト「e-GMP」アーキテクチャを共有。

後輪駆動と全輪駆動のバリエーションが提供されるほか、外部デバイスに電力を供給することも可能です。パワートレインは、デュアルモーターを搭載し、最高出力580psから620psを発揮、容量77.4キロワットのバッテリーを積むと予想されます。

ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スパイショット。リヤビュー
ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ スパイショット

「アイオニック5 N」のワールドプレミアは数ヵ月以内と見られます。日本市場導入は未定ですが、国内で発売されれば高性能モデルを持たないトヨタ「bZ4X」や、日産「アリア」などの国産EVにとって驚異となるに違いありません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?