日産スカイラインがハイブリッドモデルを廃止。純ガソリンエンジン車に一本化

■ハイパフォーマンス仕様の「400R」に「ミッドナイトパープル」を追加

日産自動車は、2022年9月22日(木)にスカイラインの一部改良を実施し、10月末より発売します。

同社の看板スポーツセダンであるスカイライン。現行型は2014年2月に発売され、2019年のマイナーチェンジでは高速道路の同一車線内でのハンズオフを可能とした「プロパイロット2.0」をハイブリッドモデルに初めて採用していました。

日産スカイライン
日産スカイラインのエクステリア

なお、2022年8月31日にはハイブリッドモデルが廃止され、純ガソリンエンジン仕様のみになっていました。これによりエンジンは、304PSと405PSという出力の異なる3.0L V6モデルのみとなっています。

日産スカイライン
「GT Type SP」のブラウン内装

さらに、ハイブリッド仕様の廃止に伴いスカイラインの「プロパイロット2.0」も姿を消しています。それでも、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などのほか、「車線逸脱防止支援システム」などの予防安全装備が標準装備されています。

日産スカイライン
「400R」の新色「ミッドナイトパープル」

今回の一部改良では、最高出力405PS・最大トルク475Nmを誇る「400R」のボディカラーに「ミッドナイトパープル」を新たに追加。新色の追加に伴い「スレートグレー」は、カタログ落ちしています。

インテリアには、シックな雰囲気とプレミアム感を醸し出す「ブラウンインテリアパッケージ」が新オプションとして、グレード別設定されています。

最新のFRスポーツセダンと比べると、インパネや走りは少し古さを抱かせますが、FRらしいハンドリングと気持ちのいい加速は健在で、現行型もそろそろ最後の乗り時かもしれません。

●グレード&価格
「GT」:456万9400円
「GT Type P」:486万8600円
「GT Type SP」:514万9100円
「400R」:589万9300円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。