前後に2種類のドアを装着?ランボルギーニの血を引くスーパーSUVが発表準備中

■前部にバタフライドア、後部にガルウィング開口部があるのか?

EV新興企業の「Aehra」は、過激な超高級新型クロスオーバーSUVを10月に公開予定で、そのティザーイメージがリリースされました。

Aehra SUV_003
Aehra 新型SUV ティザーイメージ

Aehraは、イタリアのミラノに本社を置く新興のEV自動車メーカーであり、元ランボルギーニのチーフデザイナーであるフィリッポ・ペリーニ氏を含むスタッフが在籍、ランボルギーニの血を引くモデルと言っていいでしょう。

Aehra SUV_001
Aehra 新型SUV ティザーイメージ

公開されたティザーイメージでは、前部にバタフライドア、後部にガルウイング開口部があるように見える超高級電気SUVを示唆しているようです。

フロントエンドやボディシルエットもぼんやりと見ることができますが、ノーズは切り詰められ下向きに曲がり、湾曲したくぼみがフロントの先端を締めています。

リアエンドには、短いオーバーハングでテールに流れる急勾配のウィンドウを装備。LEDテールライトは、デッキとバンパー下部の赤いストリップライトで構成されるなど、従来のSUVにはないデザインが特徴のようです。

そのほかの詳細は明かされていませんが、Aehraのデザイン責任者フィリッポ・ペリーニ氏は「Aehra初のクロスオーバーSUVは、イタリアのデザインの比類のないエレガンスと世界最高の素材とエンジニアリングをシームレスに統合し、カスタマージャーニー全体にシフトチェンジをもたらします」と語っています。

また、パワートレーンやバッテリー技術に関しても情報提供されていないものの、WLTPテストによる航続距離600kmの動力パフォーマンスを持つ、メルセデス・ベンツ「EQS SUV」と同レベル以上が期待されています。

市販型の予想価格は16万ドル(約2300万円)~18万ドル(約2500万円)程度となっており、テスラ、BMW、メルセデス・ベンツ、ポルシェのEVと競合することを想定していると言われてます。

新型SUVのワールドプレミアは10月ですが、2023年2月にはセダンも登場予定となっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?