「M140i」3年ぶり復活なるか?BMW・1シリーズ改良型の高性能モデルをキャッチ

■ピュア「M」モデルの象徴、クワッドエキゾーストパイプ装備

BMWは現在、エントリーモデル「1シリーズ」改良型に着手していますが、その高性能モデルとなる「Mパフォーマンス」市販型最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW 1シリーズ Mパフォーマンス_001
BMW 1シリーズ Mパフォーマンス 改良型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、依然としてヘビーカモフラージュが施されディテールは不明です。わずかに見えるコンポーネントから、グリルは現行サイズを維持し、ヘッドライトがスリム化されている様子が伺えます。

また、フロントバンパーは若干丸みを帯びており、これによりコーナーの縦型インテークは削除される可能性がありそうです。

BMW 1シリーズ Mパフォーマンス_002
BMW 1シリーズ Mパフォーマンス 改良型プロトタイプ キャビン内

最大の注目はリアエンドのクワッドエキゾーストパイプでしょう。これは現在の「M135i」では提供されておらず、通常はピュア「M」モデルの象徴です。

1シリーズ改良型のMパフォーマンスでは、現在2つの噂が存在しています。

7月にリークされた情報によると、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを強化し、最高出力が306psから315psへ向上するというもの。

さらに同エンジンをブーストアップし、最高出力は400ps程度へアップ、M135iの上位に配置される「M140i」になるという説もあり、情報が錯綜しています。

これが「M135i」の改良モデルだとすると、僅かなパワーアップにクワッドエキゾーストパイプをインストールするのには疑問が残ります。一方、「M140i」の車名は2019年のスペシャルモデルを最後に廃止されており、実現すれば3年ぶりの復活となります。

以前捉えた1シリーズ改良型のキャビン内では、ダッシュマウントされた巨大インフォテインメントディスプレイの一部が露出。ブランド最新の「iDrive8」インフォテインメントソフトウェアを搭載していると思われるほか、ギアセレクターも直立したシフトレバーの変わりにコンパクトデザインへと新設計。おそらくMパフォーマンスでもこのコクピットは共有するとみられます。

現行型M135iは2021年10月にデビューしており、改良型は早くとも2023年以降と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?