BMW 1シリーズ改良型の巨大ディスプレイを激写

■ギアセレクターも直立したシフトレバーへ新設計

BMWが現在開発中のコンパクトハッチバック「1シリーズ」改良新型の最新プロトタイプを捉えるとともに、そのコクピットをカメラが初めて捉えました。

BMW 1シリーズ_010
BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ

その内部は新しいキャビンを隠すようダッシュボード全体が布で覆われています。しかし、ダッシュマウントされた巨大インフォテインメントディスプレイの端が出ていることが確認でき、ブランド最新の「iDrive8」インフォテインメントソフトウェアを搭載しているはずです。またギアセレクターも直立したシフトレバーの代わりにコンパクトデザインへと新設計、2シリーズアクティブツアラーと共有します。

BMW 1シリーズ_011
BMW 1シリーズ 改良新型プロトタイプ

エクステリアは、ヘッドライトとテールライトにダミーコンポーネントを装着、市販型グラフィックは不明です。しかし、新しいグリルを装備、バンパーインテークなど「水平」がテーマとなりそうです。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリン/ディーゼルエンジン、2.0リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルエンジンなどが現行型からキャリーオーバーされると予想されますが、「2シリーズ アクティブツアラー」でPHEVを提供していることを考慮すると、同システムを流用する初の電動化がされる可能性もありそうです。

1シリーズ改良新型のワールドプレミアは、2023年内が有力視されています。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?