メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ/カブリオレ改め「CLE」の内部を初激写

■ホイールベースがかなり長く、リフトバックレイアウトではなくトランクルーム完備

メルセデス・ベンツが開発を進めている新グレード、「CLE」市販型の最新プロトタイプを捉えるとともに、そのキャビン内をカメラが捉えました。

メルセデ・スベンツCLE_001
メルセデ・スベンツCLE クーペ 市販型プロトタイプ

ニュルブルクリンクで捉えたプロトタイプは、徐々にカモフラージュが削ぎ落とされてきており、横から見るとホイールベースがかなり長いことがわかります。

後部座席は2人を乗せるには十分なスペースがありそうで、テールはリフトバックレイアウトではなく、きちんとしたトランクを持っていることもわかります。

下部にあるアーチ型のLEDテールライトの一部が見てとれるほか、バンパーがエキゾーストパイプを隠しているようです。さらに、フレームレスウインドウの2つのドアと、セダンより低いルーフが特徴となっています。

メルセデ・スベンツCLE_010
メルセデ・スベンツCLE クーペ 市販型プロトタイプ

フロントエンドではグリルには水平バーがあり、このプロトタイプが非AMGバリアントであることを示しています。ヘッドライトは、ノーズの中心に向けて下向きに角度をつけており、これらのランプの形状は、次世代のメルセデスEクラスに見られるものと似ています。

同ブランドでは、2ドアクーペ、およびオープンモデルの再構築を図っており、『Eクラス』のクーペ/カブリオレに代わる「CLE」クラスがEクラスセダンとデザイン共有しても、理にかなっています。

キャビン内では、3本スポークの多機能ステアリングホイールを装備。その後ろには、ワイドなデジタルインストルメントクラスターがあり、Cクラスと同様のレイアウトが確認できます。

インフォテインメントスクリーンは縦長のレイアウトで、センタースタックに角度を付けて配置されています。BMW最新のダッシュボードは、デジタルインストルメントクラスターとメインコンソールのタッチスクリーンを組み合わせて1つの巨大な長方形のデジタルディスプレイを作成しますが、メルセデスの開発チームは2つを分離したままにすることを選んだようです。

ディスプレイの下部には、HVACコントロールがあり、同心円状の金属要素と中央の長方形部分を備えたスタイリッシュな通気孔が配置されています。

市販型では、新しいC-Classも採用する「MRA-2」プラットフォームを採用。これにより、両方のモデルが同じパワートレインを共有できます。

おそらく、最高出力258ps・最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、頂点には電動化された2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー搭載のAMG『C63』も導入されるはずです。

CLEクーペのワールドプレミアは、2022年内と予想されていますが、カブリオレが同時発表かは不明で、今後派生ワゴンとなるシューティングブレークも噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?