アウディ次世代クロスオーバー「アクティブスフィア」、2023年デビューへ

■「スフィア」シリーズ第4弾。流行のハイライディングセダンか

アウディは、2023年に初頭にデビューする予定の新型クロスオーバーセダン「Activesphere」(アクティブスフィア)を予告、そのティザーイメージをリリースしました。

アウディ スカイスフィア
アウディ スカイスフィア

同社ではこれまで、2シーター・ロードスターGTの「スカイスフィア」、4シーター大型サルーンの「グランドスフィア」、ミニバン仕様の「アーバンスフィア」を発表していますが、その第4弾となるのが「アクティブスフィア」です。

アウディ グランドスフィア
アウディ グランドスフィア

公開されたティザーイメージからは、3ボックスのプロポーションと、十分な地上高を備えたボディが見てとれます。

足回りには巨大ホイールや全地形対応タイヤが確認でき、「オンロードとオフロードの両方で、アクティブなライフスタイルに最大限の多様性を提供する」とアナウンスされています。

デザイン詳細を見ていくと、SUVと言うより、流行の兆しを見せるハイライディングセダンのようなスリムで端正なシルエットに、長いボンネット、際立つリアフェンダー、クーペやスポーツバックのようなセクシーなルーフラインが見てとれます。

フロントエンドでは、スリムなLEDヘッドライトとカバー付きのシングルフレームグリルが「スフィア」シリーズの他コンセプトと似ていますが、よりシンプルなレイアウトになっていることに気づきます。

側面からはポルシェ タイカンを彷彿させるスリムなLED、ホイールアーチとサイドシルに控えめなプラスチック製のクラッディングが装備されていることもわかります。

そのほか詳細は明かされていませんが、新しいコンセプトはEV専用アーキテクチャに乗り、アウディの最も先進的な自律技術を特徴とすると予想、複数の電気モーターと全輪駆動機能が搭載される可能性があるといいます。

「グランドスフィア」エグゼクティブセダンには、最高出力710ps、最大トルク960Nm生成するデュアル電気モーターが搭載されており、アクティブソフィアにも同レベルのスペックが期待できそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?