三菱「エクスパンダー クロス」がマイナーチェンジ。インドネシアから販売を順次スタート

■インドネシアを皮切りに、アセアン地域を中心に順次投入へ

●世界で3番目に売れている三菱車・エクスパンダーシリーズ

東南アジアで強みを発揮している三菱自動車は、新型クロスオーバーMPVのエクスパンダー クロスを「第29回インドネシア国際オートショー」で発表、同国での販売をスタートしました。

マイナーチェンジ版となる新型エクスパンダー クロスは、ミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(西ジャワ州ブカシ県)でラインオフされ、アセアン地域を中心に順次展開されることになります。

三菱 エクスパンダー クロス
マイナーチェンジを受けたエクスパンダー クロス

クロスオーバーMPVのエクスパンダーをベースにした、新型エクスパンダー クロスは、SUVらしい力強さ、秀逸な走り、快適な乗り心地を実現したというシリーズ最上位モデル。

エクスパンダー クロスは、2019年にインドネシアで発売された後、アセアン、中東、中南米、南アジア、アフリカと導入する市場を拡大。2017年に販売が開始されたエクスパンダーと合わせると、累計販売台数は、2022年7月末までに47万台以上、2021年度は11万台以上に達し、三菱の車種では3番目の販売実績になります。

三菱 エクスパンダー クロス
SUVらしさが増した新型エクスパンダー クロス

●ダイナミックシールドをアップデートさせSUVらしい力強いスタイリングに

新型エクスパンダー クロスは、前後のデザインが刷新され、SUVらしい力強いスタイリングを獲得。フロントではデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」をアップデートさせ、台形モチーフの大型グリルとガードバー形状のバンパーを組み合わせることで、SUVらしい力強さが与えられています。

ヘッドライトには、ワイド感を強調する特徴的な「Tシェイプデザイン」が採用されるとともに、従来はヘッドライトユニットの下に配置されていたターンランプを上部のポジションランプに組み込み、被視認性の向上も盛り込まれています。また、前後合わせて95mm延長されたオーバーハングと厚みを増したエンジンフードが、ダイナミックさと安定感を増したプロポーションに寄与しています。

足元では17インチのアルミホイールが目を惹きます。ミディアムグレーの2トーン切削光輝仕上げのラウンドリムタイプで、前後スキッドプレートとドアガーニッシュのグレー塗装とコーディネイトされています。立体感を持たせることで、SUVらしいスポーティさと力強さを表現。また、ブラックのルーフレールは、全体の印象を引き締めるのにもひと役買っています。

リヤビューでは、より立体的になったテールゲートが特徴で、分割線を減らすことで質感の向上が図られています。リヤコンビネーションランプは、水平基調の「Tシェイプテールランプ」により、ワイドで安定感のある意匠に。従来のテールランプとバックランプに加えて、ストップランプもLED化され、後方からの被視認性を向上。

ボディカラーでは、タフさを感じさせながらモダンな上質感を併せ持つ「グリーンブロンズメタリック」が新たに追加されたのがトピックス。そのほか「クォーツホワイトパール」「ブレードシルバーメタリック」「グラファイトグレーメタリック」「ジェットブラックマイカ」が設定されています。

インテリアはクオリティアップが図られています。室内の広がりを強調し、走行時の車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調の「HORIZONTAL AXIS(ホリゾンタル・アクシス)」コンセプトのインパネに、大径4本スポークステアリングが新たに用意され、高級感が演出されています。メーターは、より視認しやすい8インチカラー液晶メーターになり、先進的なイメージを表現。ステアリングホイールのスポーク部に配置されたスイッチを操作することで、平均燃費や瞬間燃費などの運転情報、AYC(Active Yaw Control)の作動状態などの車両情報をメーターで確認することができます。

●エクスパンダークロスの日本への導入はないのか?

三菱 エクスパンダー クロス
三菱エクスパンダー クロスの走行イメージ

走りも鍛え上げられています。前左右輪の制動力を調整して旋回性を高めるAYCが新たに採用され、ハンドル角、ヨーレイト、横G・前後G、ブレーキ圧、車輪速などの情報から、ドライバーの操作や車両挙動を正確に判断。

運転操作に忠実な車両挙動となるように、ブレーキ制御による前左右輪間のトルクベクタリングが行われます。滑りやすい路面での旋回時では、コーナー内側の前輪にブレーキをかけるAYCの制御によってアンダーステアを抑制。ドライバーの意に沿った軌道に近づけることが可能です。

ABSとアクティブスタビリティコントロール(ASC)の協調制御により、多様な天候や路面での安全、安心で快適な運転をサポート。なお、サスペンションは、フロントのストラット取付け部の剛性が向上され、リヤはショックアブソーバーのシリンダーサイズを拡大。さらに、前後ともに高性能バルブが新たに採用されたことで、荒れた路面でもフラットで快適な乗り心地を実現するそうです。

現在のところ、エクスパンダー、エクスパンダー クロスともに日本には導入されていません。現時点では日本への投入予定も残念ながらなさそうですが、もし販売されれば、一定の人気を集めそうですね。

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。