新型クラウン大幅な路線変更で、旧型の中古車は早くも値上がり?【クラウン中古車情報】

■旧型の中古車で圧倒的に多いのはハイブリッドのスポーティなRS

2022年7月15日(金)、新型トヨタ・クラウンが発表されました。クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステートという4モデルを同時公開という驚きの内容でした。

旧型クラウンの外観02
旧型クラウンの走行シーン

クルマの世代交代にあたるフルモデルチェンジは、中古車相場が最も動くタイミングとなっています。ここでは、旧型になってばかりの15代目クラウンの中古車事情を紹介しましょう。

15代目となる旧型クラウンは2018年6月に登場しました。TNGAに基づくプラットフォームを採用し、ボディの高剛性化や低重心化を実現し、意のままのハンドリングとフラットな乗り心地を実現しているのが特徴です。

旧型クラウンの外観03
旧型クラウンのフロントスタイル

旧型クラウンは走行性能の向上に合わせて、外観デザインも6ライトウィンドウを採用したスポーティなデザインへと一新。これまでの骨太なCピラーによる重厚さを強調したシルエットから流麗なスタイリングへと変わりました。

インテリアも8インチと7インチのディスプレイを連携させた新開発のダブルティスプレイを採用し、初代コネクティッドカーらしい先進性を強調しています。

旧型クラウンの外観04
旧型クラウンのリアスタイル

旧型クラウンに搭載されているパワートレインは、高い熱効率を実現した2.5L直4ガソリンエンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドシステムをはじめ、2L直4ガソリンターボエンジン+8速ATそして、トヨタブランド初搭載となった3.5L V6エンジン+モーター、そして10速のトランスミッションを組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムの3種類を用意。

旧型クラウンの旧型クラウンの外観07
2.5Lエンジンのハイブリッドシステム

駆動方式は2WD(FR)を中心に2.5ハイブリッド車にのみ4WDを用意しています。また3種類のパワートレインには標準モデル、走りに磨きを掛けたRS、そして豪華仕様のG-エグゼクティブがそれぞれ設定されています。

旧型クラウンの内装02
旧型クラウンのアダプティブクルーズコントロールのスイッチ

旧型クラウンに搭載されている運転支援システムは、第2世代となる予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備しています。

歩行者検知(昼間・夜間)・自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」をはじめ、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援し、ドライバーの負担を軽減します。

旧型クラウンの外観06
旧型クラウンのトランク

さらにコネクティッドサービスとして、T-Connectサービスを提供しています。2020年11月には一部改良を行い、体調急変などドライバーの無操作状態が継続している場合、徐々に車両を減速させ自車線内に停車。早期救命救急をサポートする「ドライバー異常時対応システム」などの機能を追加した、最新の「トヨタセーフティセンス」を搭載しました。

旧型クラウンの外観05
RSのアルミホイール

さらに、ダブルディスプレイを廃止し、12.3インチのワイドディスプレイを採用しインストルメントパネルのデザインを変更しています。

●旧型クラウン、その中古車事情はどうなっている?

それでは旧型クラウンの中古車事情を紹介しましょう

旧型クラウンの中古車の流通台数は約600台流通していて、平均価格は約413.1万円。価格帯は約257万〜830万円となっています。3ヵ月前の平均価格が約396万円だったので、早くも値上がり傾向となっています。

旧型クラウンの内装03
旧型クラウンのフロントシート

旧型クラウンの中古車相場が値上がり傾向となっていますが、高年式・低走行距離のいわゆる未使用中古車と呼ばれるモノはほとんどありません。フルモデルチェンジで駆動方式やコンセプトが変わるという噂によって、早くも値上がり傾向となっているようです。

旧型クラウンの中古車のグレード構成は2.5ハイブリッドシステムを搭載したモデルが中心で、最も多いのがRSアドバンス、次いでSCパッケージ。そしてRSとなっています。

旧型クラウンの内装04
旧型クラウンのリアシート

2Lターボ車や3.5Lハイブリッド車はかなり少なめで、2Lターボ車はRSアドバンス。3.5Lハイブリッドでは豪華仕様のG-エグゼクティブが多いのが特徴です。しかし、割安感は大排気量エンジンを搭載した3.5L車が高くなっています。

中古車相場はすでに値上がり傾向となっていますが、新型クラウンの発表により、今後どのように動いていくのか注視していく必要があるでしょう。

(文、写真:萩原 文博

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!