アウトランダー風の顔になる三菱「L200(トライトン)」新型は日産「ナバラ」と共通項も多い?

■側面にC字型トリムを配置した大胆なグリルをブレンドしたマスクが露出

三菱は現在、ピックアップトラック「L200」次世代型を開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

三菱 L200_007
三菱 L200 次世代型 プロトタイプ

L200は、かつて日本でも2006年から2011年まで正規輸入販売されていた、1トンクラスのピックアップトラックです。L200として5代目となる現行型は2014年にデビュー、アジアやオセアニア市場では「トライトン」として販売されています。2018年には大幅改良が行われており(英国では新型として発売)、いよいよ次世代型へバトンタッチされます。

三菱 L200_012
三菱 L200 次世代型 プロトタイプ

L200次世代型プロトタイプは、1月にもテストミュール姿を捉えていますが、今回は生産型ボディで初出現、最終デザインが見えてきました。フロントエンドに露出しているのは、現行型のデザインと、大型で大胆なグリルをブレンドしたマスク。SUV「アウトランダー」と似た側面のC字型トリムが確認できます。

Cトリムのすぐ上部にはタイトなLEDデイタイムランニングライトを配置。メインヘッドライトはC字型に組み込まれ、現行型の大きなドライビングランプは排除されているようです。

最大の変更点は、日産「ナバラ」に似たメッシュパターンのグリルでしょう。L200は、ルノー・日産・三菱アライアンスによる共同開発で、日産「ナバラ」と同じアーキテクチャを採用、ほかのコンポーネントでも多くの共通点があると予想されます。

側面では、ホイールアーチの上の流線型のスタイリングと角度のあるアクセントが付いた進化的デザインを見ることができるほか、ホイールベースはストレッチされているように見え、充実したキャビンとヘッドレストを提供してくれるでしょう。

後部では、現段階では大きな変更が見られませんが、テールライトやバンパーは今後着手されるはずです。また次世代型では電化へシフトし、PHEVが目玉となりますが、排出量監視用センサーに接続されたエキゾーストパイプを装備、販売される市場に応じて、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンも提供されると思われます。

次世代型では、インテリア技術も日産ナバラと共有すると見られており、ワールドプレミアは2023年以降に予想されています。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?