メルセデス・ベンツ「GLCクーペ」登場へ。GLCより滑らかなルーフラインに

■スリムなLEDテールライトは、内部グラフィックがクーペ専用に

メルセデス・ベンツは6月に入り、主力クロスオーバーSUV「GLC」新型を発表しましたが、派生クーペクロスオーバー「GLCクーペ」もワールドプレミアの準備が整いつつあるようです。

メルセデス・ベンツ GLC_002
メルセデス・ベンツ GLC クーペ 次期型プロトタイプ

市街地で捉えたプロトタイプはボディ前後デザインをカモフラージュし、ディテールは不明です。しかし、テールを除いてGLC新型と多くのボディパネルを共有、フロントエンドもほぼ共通のデザインが採用されるはずです。

メルセデス・ベンツ GLC_006
メルセデス・ベンツ GLC クーペ 次期型プロトタイプ

大きく異なるのは後部で、統合されたリアスポイラーにつながる滑らかなリアウィンドウシルエットは、よりセクシーな印象を与えています。またスリムなLEDテールライトからは、内部グラフィックがクーペ専用となる可能性が高いと思われます。

内部では、12.3インチのデジタルインストルメントクラスター、11.9インチのインフォテインメントスクリーン、オプションのカラーヘッドアップディスプレイ、ダッシュボード全体など、インテリアはGLCから引き継がれると予想されます。

異なるのは、後部座席の乗客用の限られたヘッドルームですが、流麗なスタイルと、より良い空気力学のために多少の実用性を犠牲にすることは、ターゲットグループにとって問題ではないことは明白です。

パワートレインは、直列4気筒のみ提供されると予想されますが、最新情報では、直列6気筒「GLC 400d」がラインアップされる可能性があるといいます。また最大4.5度のリアアクスルステアリングも計画されており、エアサスペンションにより滑らかな乗り心地を実現するでしょう。

メルセデス・ベンツ GLC_008
メルセデス・ベンツ GLC クーペ 次期型プロトタイプ

GLCクーペ新型のデビューは2022年内に予定されており、2023年にはスパイシーなAMG「GLC43」と「GLC63」の登場も期待されています。前者は最高出力402ps・最大トルク500Nmを発揮、後者は最高出力670ps・最大トルク750Nmまで高められそうです。

市場ではインフィニティ「QX55」を初め、BMW「X4」、アウディ「Q5スポーツバック」などと競合、価格はGLCより若干高価になることが予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?