億超え必至のランボルギーニ初のスーパーオフローダー「ステラート」プロトタイプが街を走った

■ウラカンEVOをベース。自然吸気の5.2リットルV型10気筒エンジンを搭載

ランボルギーニは現在、「ウラカン」に設定されるオフロードスーパーカー「ウラカン ステラート」を開発していますが、その最新プロトタイプが市街地に初めて姿を見せました。

ランボルギーニ ウラカン_002
ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型プロトタイプ

ウラカン ステラートは、「ウラカンEVO」をベースにしたミッドシップ・オフロードモデルで、2019年にコンセプトモデルとして初公開されました。

市販型では、ウラカンEVOのパフォーマンスにSUV「ウルス」のDNAを追加、ブームの兆しを見せるハイライディング市場に投入されます。

ランボルギーニ ウラカン_005
ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型プロトタイプ

プロトタイプは四輪ステアリングを装備、ボディはウラカンEVOと比較して1.85インチ(47mm)の最低地上高を獲得。足回りにはより高いサイドウォールタイヤを採用しているため、オフロードでの厳しい路面に耐えることができます。

またフロントとリアバンパーに特別なプレートを追加、高価なボディパネルの損傷を防ぎ、サイドスカートにはアルミニウムの補強が施されています。

さらにハイブリッドカーボンファイバーとエラストマー樹脂マッドガードが4つのホイールすべての後ろにあるほか、エンジンカバールーバーにフードスクープを配置、オプションのルーフレールが見てとれます。

ランボルギーニ ウラカン_009
ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型プロトタイプ

パワートレインはウラカンEVOをベースとしているため、自然吸気の5.2リットルV型10気筒エンジンを搭載。最高出力は640hp程度、7速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされ、0-100km/h加速2.9秒・最高速度325km/hの動力パフォーマンスを持ちます。

また全輪駆動システムとギアボックスのチューニングにより、オフロード性能にアジャストするようキャリブレーションが修正されるといいます。

ランボルギーニは2022年、ウラカンに2つの派生モデルを導入すると発表しましたが、1つは「テクニカ」であり、もう1つはこのステラートであることが濃厚です。

市販型の価格は24万ユーロ(約3100万円)で、500~1000台の限定モデルとも伝えられていますが、その場合は完売後に即億超えのプレミアム価格となることは必至と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?