フィアット500Xに、ベース車から装備を厳選して10万円価格を抑えた限定車「500X Comfort」が登場

■先進安全装備はベース車と同じ

フィアット500Xは、ジープ・レネゲードと同じプラットフォームを使いながら、まったく異なるコンパクトクロスオーバーSUVに仕立てられています。そのフィアット500Xに、240台限定の「500X Comfort(コンフォート」が設定され、2022年6月30日(木)から販売されます。

フィアット500X
フィアット500Xのエクステリア(カタログモデル)

ベース車は「500X Cross」で、専用ボディカラーやアルミホイールを備えながら装備を厳選することで、ベース車よりも10万円抑えたリーズナブルな価格設定が特徴。

そのボディカラーは、人気の「ジェラートホワイト(限定80台)」「テクノグリーン(限定80台)」のほか、カタログモデルには設定されていない「シルバーグレー(限定80台)」の計3色展開になっています。

さらに、ベース車である「500X Cross」に対し、外径がサイズアップされた18インチアルミホイールが備わり、精悍なエクステリアに仕立てられています。

ヘッドライトとフォグランプは、受注生産の「500X」と同様にハロゲン式になります。シートは、ヒーター機能付のファブリックシートを用意。

フィアット500X
限定車「500X Comfort」のエクステリア

ほかの装備は「500X Cross」に準じていて、レザーステアリングホイール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、アダプティブクルーズコントロールなど、快適、安全装備が充実。冬季にワイパー周辺に積もった雪を溶かす熱線入りフロントガラスやヒーテッド電動ドアミラーなど、ウインタードライブをサポートする機能も備えられています。

さらに、走行中に車線から逸脱しそうなシーンで警告を発する「レーンディパーチャーウォーニング」、ミラーの死角にある併走車の存在を知らせる「ブラインドスポットモニター」、後退時に左右方向から接近する車両の存在を知らせる「リヤクロスパスディテクション」「リヤパーキングカメラ」なども装備されていて、安心・安全なドライブをサポート。

物価高は、新車販売の現場にも訪れていますが、こうした装備と価格のバランスに優れたモデルも狙い目といえそうです。

●価格:377万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。