国内仕様「GR カローラ」公開。今秋のカローラ“マイチェン”にも要注目

■マイチェンで前後の意匠リファイン&ガソリン仕様変更

カローラ スポーツのマイチェン仕様(筆者予想)

今秋、マイナーチェンジを予定しているトヨタカローラシリーズ。

騒音規制強化などの法規対応に加え、外観が変更される見通しで、ラジエターグリルや前後ランプ類、バンパー意匠などが対象になる模様です。

そうしたなか、今秋発売予定の「GR カローラ」のフロントマスクをよく見ると、ラジエターグリルやヘッドランプの外形は現行モデルと同一ながら、内部構成が変更されており、今回のマイチェンでは一般グレードについても同様の意匠リファインが実施されるものと予想されます。

現行カローラ(左)とGR カローラのリヤビュー比較

またリヤ廻りでは、GR カローラのバックドアパネルやテールランプ外形に現行モデルとの差異が認められないものの、白熱球からLED仕様への変更などが織り込まれている可能性があり、一般グレードにおいてもバンパー下部の意匠変更なども含めてリファインされることになりそうです。

●ガソリンモデルにパワフルな2.0Lエンジン搭載?

2.0NAのM20A-FKS型ダイナミックフォースエンジン

一方、各種情報によると、パワートレーンではガソリンモデルに搭載されている1.2L直4ターボエンジンに代わり、新たにRAV4やハリアーにも搭載されているパワフルなM20A-FKS型2.0L直4ダイナミックフォースエンジン(171ps/21.1kgm)が搭載されるようです。

カローラ ツーリングに設定の500台限定モデル

実はカローラ系でも、2020年6月1日に500台限定で発売された「カローラ ツーリング 2000 Limited」に同エンジンが搭載され、あっと言う間に完売した実績があり、マイチェンで正式ラインナップに加わる模様。

実現すれば、Direct Shift-CVT(パドルシフト付10速スポーツシーケンシャルシフトマチック)との組み合わせにより、発進から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現することになりそう。

●ハイブリッドシステムをアップデート

一方、ハイブリッドモデルについては、新型ノア&ヴォクシーに搭載された第5世代のシステムにアップデートされるようです。

1.8L直4DOHCエンジン(2ZR-FXE)による同システムでは全ての電動モジュールを刷新。モータ/バッテリーの高出力化とシステムの高効率化により、心地良い加速と優れた燃費性能を高次元で両立。

カローラ ツーリング500台限定モデルのインテリア

またインテリアでは、ディスプレイのサイズアップに加えて画質向上が図られる模様で、ディスプレイオーディオやドライブレコーダー、ETCなどがエントリーグレード以外に標準装着されるなど、装備の充実が図られるようです。

赤いアクセントがスポーティな500台限定モデルのインテリア

車両価格は、パワートレーンの見直しや装備充実などにより、現行FFモデル(216.9万円~284.1万円)比で10万円近い値上げが予想されます。

マイナーチェンジ時期は本年10月前後とみられ、カローラシリーズを対象に実施される見込み。

2022年6月1日には米国に続き、日本仕様の“GR カローラ”も正式発表され、今秋に迫ったカローラシリーズのリファインに向けた動きが注目されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

プリウスが4ドア クーペに?HVシステム刷新で2023年初旬デビュー
https://clicccar.com/2022/05/28/1189271/

ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?
https://clicccar.com/2022/05/23/1188095/

8代目トヨタ「セリカ」投入は北米市場から? GRカローラとの関係は?
https://clicccar.com/2022/05/20/1187442/

「癒し顔」のホンダ フィットが8月にマイチェン。販売テコ入れで「RS」も登場
https://clicccar.com/2022/05/14/1185739/

カローラのSUVは“クロス”だけじゃない!? 「ツーリング」にクロスオーバー仕様が追加設定か?
https://clicccar.com/2022/03/15/1169088/

【関連リンク】

カローラ スポーツ
https://toyota.jp/corollasport/

GR カローラ(国内仕様)
https://toyotagazooracing.com/jp/gr/corolla/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。