プリウスが4ドア クーペに?HVシステム刷新で2023年初旬デビュー

■斬新さよりも「スタイリッシュ」を訴求

現行プリウスのエクステリア

初代モデルが1997年に登場し、その18年後となる2015年12月に登場した現行の4代目トヨタプリウス」。

同モデルはTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用した第1号で、ボディのねじり剛性が先代モデル比で約60%向上しています。

現行プリウスのインテリア

高剛性ボディやダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションの採用などにより、走る楽しさや快適性を追求するとともに、WLTCモードで27.2~32.1km/Lの低燃費を実現。前後2モーターによる「E-Four」(電気式4WD)も選択可能になっています。

そんな現行プリウスも、2018年12月のマイナーチェンジを経て、今年で丸7年を迎えることから、次期モデルに関する噂が囁かれるようになりました。

●ハッチバックから4ドアクーペに変身

新型BEV「bZ4X」のフロントマスク

各種情報によると、5代目プリウスでは現行のハッチバックスタイルから“4ドアクーペ”に変身を遂げる模様で、フロントマスクについても先頃発売された新型BEV「bZ4X」風の先進的な意匠を採用するようです。

ヘッドランプが横長の多眼式LEDタイプとなり、ラジエターグリルの中央を走る横桟とDRLを繋げることで車幅を大きく見せる意匠効果を狙う模様。

ガーニッシュで覆われた現行プリウスのCピラー

サイドビューはドア・ベルトラインの抑揚を強めてグラスエリアのグラフィックに変化をもたせるとともに、Cピラーを露出することでクーペルックを演出。

現行プリウスのテールランプに繋がる翼状レリーフ

ボディサイド後部の翼状のレリーフは廃され、テールランプもハリアー風の細幅LEDタイプに改められるようです。

車両サイズは現行の全長4,575×全幅1,760×全高1,470mmに対してそれぞれ20mm程度長く、広く、低くなる見込み(ホイールベースは2,700mmで変わらず)。

●ハイブリッドシステムの刷新で更なる燃費向上を目指す

TNGA「GA-C」プラットフォーム

一方、プリウスのウリである燃費性能については、小型・高出力化を図った新開発リチウムイオンバッテリーの採用や、 新世代ハイブリッドシステム搭載など、電動モジュールの刷新により、更なる燃費向上を目指す模様。

モーターやバッテリーの性能向上と相まって、心地良い加速と優れた燃費性能を高次元で両立させているようで、WLTCモード燃費は30km/L台後半を目指すものと予想されます。

サスペンションについてはフロント:ストラット式、リヤ:ダブルウィッシュボーン式を継承。TNGA「GA-C」プラットフォームの細部見直しにより上質でスポーティな走りを実現するようです。

安全面では、最新機能を採用した先進運転支援システム「トヨタセーフティセンス」を標準装備。

●5代目プリウスの発売時期は?

4ドアクーペとなる次期「プリウス」(筆者予想)

本来は本年12月に発売する予定だったようですが、半導体不足などの影響で来年2023年初旬にずれ込む模様で、PHEVはその半年後を目処に登場するようです。

気になる車両価格は290万円(FF)~380万円(E-Four)の範囲で設定される見込みで、将来的に水素エンジンの搭載も予想される次期「プリウス」だけに、フルモデルチェンジに向けた動きが注目されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?
https://clicccar.com/2022/05/23/1188095/

8代目トヨタ「セリカ」投入は北米市場から? GRカローラとの関係は?
https://clicccar.com/2022/05/20/1187442/

「癒し顔」のホンダ フィットが8月にマイチェン。販売テコ入れで「RS」も登場
https://clicccar.com/2022/05/14/1185739/

インテRも復活? ホンダが15年ぶりにフルモデルチェンジした新型「インテグラ」の生産をスタート
https://clicccar.com/2022/05/09/1184419/

次期クラウンはサイドビューのイメージを一新? グローバルデザインへと深化
https://clicccar.com/2022/04/28/1181357/

【関連リンク】

トヨタ プリウス
https://toyota.jp/prius/