日本製の「アルピーヌ」ドライビングシューズ「NEGRONISPH-G20 A1」が2022年夏発売

■独自のプロダクションシステムで、シューレースとラバーソールのカスタマイズが可能

マイナーチェンジを受けたアルピーヌA110の受注がスタートし、さらに2022年5月20日(金)からは、自分好みのカラーコーディネイトに仕立てられる「スタンダードオプション」「アトリエアルピーヌ」「エッセンシャルパッケージ」というオプションプログラムもスタートしています。

アルピーヌ ドライビングシューズ
日本オリジナルのアルピーヌ・ドライビングシューズ「NEGRONISPH-G20 A1」

そんな中、アルピーヌ・ジャポンは、日本オリジナル企画のドライビングシューズ「NEGRONISPH-G20 A1」を今年夏からルノーウェブショップで販売すると発表しました。

アルピーヌをイメージしたというデザインが魅力で、A110のユーザーならぜひ足元のコーディネイトに取り入れたいところです。

日本発のドライビングシューズ、レザーグッズの「NEGRONI(ネグローニ)」がハンドメイドで仕上げる「NEGRONI SPH-G20 A1」。

上質なイタリアンレザーとラバー素材を贅沢に使用して都内の自社工場で作られています。メイドトゥオーダーの独自プロダクションシステムにより、シューレースとラバーソールのカスタマイズが可能になっています。

アルピーヌ ドライビングシューズ
シューレースとラバーソールのカスタマイズが可能

実物を見てみたいという方も多いはずで、このアルピーヌドライビングシューズは、5月21日(土)に「アルピーヌさいたま桜」を皮切りに、全国のアルピーヌ正規ディーラーで開催されるトークイベントで展示される予定となっています。

メイドインジャパンのNEGRONI(ネグローニ)が手がけるドライビングシューズは、長年にわたってスタイルと機能性を両立。機能美が漂う「ネグローニ」のドライビングシューズは、アルピーヌA110のパフォーマンスをより高次元で楽しむための最適なフットウェアです。

今夏から発売される「NEGRONI SPH-G20 A1」は、「ネグローニ」のラインナップの中でも、洗練された履き心地、優れたペダルフィールを誇る「スピアヘッド」がベースにデザインされています。

アッパー部は、ヒートプレス加工された艶のあるオリジナルネグローニレザー、ダークネイビーの頑丈なトスカーナスエードが配されたコンビになっています。

槍の先端をモチーフにしたというフレンチレッドのカウンタートップの上には、アルピーヌのロゴをF1やWECのデザインに倣って左右シンメトリーに配置。アイレットの縁には、ハンドメイドで繊細にデザインされた独自のトリコロールフラッグが用意されています。

このバランス良く調和されたフレンチカラーチャートによってスポーティかつ上品なスタイリングに仕立てられています。

アルピーヌ ドライビングシューズ
ラバーソールを「ブラック」と「ニュートラル」から、シューレースも「ネイビー」と「ホワイト」から選べる

ドライビングシューズとしてスポーツドライビングやグランドツーリングで足元を支えるのはもちろん、普段の生活でも心地よく溶け込む滑らかな履き心地が享受できるそう。

また、「ネグローニ」が誇るメイドトゥオーダーの独自プロダクションシステムによって発注時にラバーソールの色を、「ブラック」と「ニュートラル」の2色から、シューレースも「ネイビー」と「ホワイト」から選ぶことが可能です。

先述したA110のオプションプログラム「アトリエアルピーヌ」さながらのカスタマーサービスを用意。繊細なハンドメイドのドライビングシューズ作りを貫き続ける同ブランドならではの特別なサービスとなっています。

気になる価格は後日発表予定で、発売は今夏とアナウンスされています。

塚田 勝弘

【関連リンク】

ルノー ウェブショップ
https://www.renault-webshop.jp/product/list/itemCategory/108

ネグローニ公式ウェブサイト
https://www.negronistore.com/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。