第2戦富士のGT500予選はWedsSport ADVAN GR Supraがポールポジション!【SUPER GT2022】

■Q1はGRスープラ強し!?

5月3日(火)、4日(水)に静岡県・富士スピードウェイで開催の2022 AUTOBACS SUPER GT第2戦「FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE」。5月3日はその公式予選が行われました。

WedsSport ADVAN GR Supra
WedsSport ADVAN GR Supra

GT500の予選では開始直後ではなかなかコースインをせず、タイヤのウォームアップラップとアタックラップを最小限にして、決勝時のスタートタイヤを温存しようとする場合が多いのですが、この日の予選開始時点での気温が16度、路面温度が20度と低めであることから、Q1開始直後からタイヤのウォームアップを始めるチームが出てきます。

そんな状況下で最初にアタックを始めたのが12号車 カルソニック IMPUL Zで、1分27秒940を出します。

カルソニック IMPUL Z
カルソニック IMPUL Z

これに続くかのように各チームともアタックラップに入ると、37号車 KeePer TOM’S GR Supraが1秒以上も速いタイムでトップ浮上。

KeePer TOM'S GR Supra
KeePer TOM’S GR Supra

そのKeeperを破ったのが、チェッカーラップで速さを見せた36号車 au TOM’S GR Supra。1分26秒301というタイムでQ1トップ通過を決め、TOM’SのGRスープラが1位、2位と独占します。

au TOM'S GR Supra
au TOM’S GR Supra

開幕戦岡山でポールtoウィンをキメた14号車 ENEOS X PRIME GR Supraは、サクセスウェイトが響いたのか9番手でQ2進出ならずとなりました。

●Q2はヨコハマタイヤ強し! ポールはWedsSport ADVAN GR Supra

Q2は16時11分から10分間で行われました。各チームとも開始直後からコースインし、タイヤを丁寧に温めていきます。

au TOM'S GR Supra
au TOM’S GR Supra

残り時間2分を切ったところで、Q1でトップだったau TOM’S GR Supraがジュリアーノ・アレジのドライブで1分26秒974を出してきます。しかしその直後に、19号車 WedsSport ADVAN GR Supraが1分26秒149でトップタイムになると、これに続くかのように24号車 リアライズコーポレーション ADVAN Zが1分26秒449で2番手となります。

WedsSport ADVAN GR Supra
WedsSport ADVAN GR Supra

ここからダメ押しでWedsSport ADVAN GR Supraが1分26秒137とタイムを更に縮めてポールポジション決定!

ポールポジションを決めた阪口晴南選手
ポールポジションを決めた阪口晴南選手

WedsSport ADVAN GR Supra、リアライズコーポレーション ADVAN Zともにヨコハマタイヤを履くチームで、Q2ではヨコハマタイヤ勢がフロントローを独占することとなりました。

リアライズコーポレーション ADVAN Z
リアライズコーポレーション ADVAN Z

ヨコハマタイヤのフロントロー独占は2021年の第7戦もてぎ以来となります。

ポールポジションを喜ぶWedsSport ADVAN GR Supraのドライバー
ポールポジションを喜ぶWedsSport ADVAN GR Supraのドライバー

しかし決勝は450kmの長丁場。どのようなドラマが展開されるのかは神のみぞ知るところ。そのスタートは4日の14時30分、100周で競われることとなります。

ポールポジションのWedsSport ADVAN GR Supraのドライバーと坂東監督
ポールポジションのWedsSport ADVAN GR Supraのドライバーと坂東監督

【SUPER GT2022 第2戦 富士 GT300 予選結果】

順位 ゼッケン 車名 ドライバー タイム
1 19 WedsSport ADVAN GR Supra 国本雄資 阪口晴南 1’26.137
2 24 リアライズコーポレーション ADVAN Z 佐々木大樹 平手晃平 1’26.449
3  3 CRAFTSPORTS MOTUL Z 千代勝正 高星明誠 1’26.452
4 37 KeePer TOM’S GR Supra サッシャ・フェネストラズ 宮田莉朋 1’26.548
5  8 ARTA NSX-GT 野尻智紀 福住仁嶺 1’26.569
6 38 ZENT CERUMO GR Supra 立川祐路 石浦宏明 1’27.053
7 100 STANLEY NSX-GT 山本尚貴 牧野任祐 1’27.161
8 36 au TOM’S GR Supra 坪井翔 ジュリアーノ・アレジ 1’27.273
9 14 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋和也 山下健太 1’26.810
10 12 カルソニック IMPUL Z 平峰一貴 ベルトラン・バゲット 1’26.989
11 23 MOTUL AUTECH Z 松田次生 ロニー・クインタレッリ 1’27.090
12 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 笹原右京 大湯都史樹 1’28.305
13 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也 大津弘樹 1’28.853
14 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 関口雄飛 中山 雄一 1’29.133
15 17 Astemo NSX-GT 塚越広大 松下信治 1’32.072

(写真:吉見 幸夫、松永 和浩/文:松永 和浩

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。