第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】

■450kmレースを見据えてGT300予選Q1からタイヤチョイスに注目

5月3日(火)、4日(水)に静岡県・富士スピードウェイで開催の2022 AUTOBACS SUPER GT第2戦「FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE」。5月3日はその公式予選が行われました。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

ゴールデンウイークど真ん中の第2戦富士。開幕戦岡山に続きピットウォークも行われるなど、徐々にではありますが皆さんのよく知るSUPER GTに近づきつつある様子となります。

そんな5月3日の15時からGT300クラスのQ1・A組を皮切りにSUPER GTの公式予選が行われました。前日までの雨はうそのように晴れ渡りますが、予選開始15時の気温は16度、路面温度は23度と、あまり高くはありません。

HACHI-ICHI GR Supra GT
今シーズン初参戦の244号車 HACHI-ICHI GR Supra GT

第2戦富士の決勝レースは450kmで行われ、スタート時には予選のQ1もしくはQ2で使用したいずれかのタイヤを使用するというルールがあるために、予選から作戦としてのタイヤチョイスが重要となってきます。

そのうえ予選時間は10分間で、もし決勝レース重視でハード目のタイヤを選ぶとタイヤの温まりに時間をかけなくてはならず、しかも路面温度はそれほど高くはない状況です。

K-tunes RC F GT3
K-tunes RC F GT3

その予選Q1のA組で真っ先にタイムを出してきたのが、96号車 K-tunes RC F GT3の1分35秒816。A組唯一の35秒台となります。そのタイムに61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTなどが挑みますが、36秒を切ることができません。

そんな中、午前中のフリー走行から好調だった34号車 BUSOU raffinee GT-Rが、1分36秒210で2番手となります。

BUSOU raffinee GT-R
BUSOU raffinee GT-R

開幕戦岡山で優勝し60kgのサクセスウェイトを積む56号車 リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rも、そのウェイトの苦しみを跳ね除けQ2進出を果たしました。

リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R
リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R

B組では50号車 Arnage MC86がトラブルで開始早々にピットイン。そのまま走行できずに予選を断念。修復作業に入ります。

Arnage MC86
Arnage MC86

そんなB組では、60号車 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTがアタックを開始し1分36秒312を記録。その後すぐに2号車 muta Racing GR86 GTや10号車 TANAX GAINER GT-Rがタイム更新をしていきます。

PACIFIC hololive NAC Ferrari
PACIFIC hololive NAC Ferrari

そんな中、開幕戦岡山でもQ1で速さを見せた9号車 PACIFIC hololive NAC Ferrariのケイ・コッツォリーノ選手が1分35秒385を叩き出し、Q1最速で勝負を決めました。

●SUBARU BRZ R&D SPORTが異次元の34秒台でまたもやポールポジション

GT500クラスのQ1をはさんで、GT300クラスのQ2は午後3時53分にスタート。

マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号
マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号

Q1のB組を5番手でQ2進出したはずの5号車 マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号が、Q1アタック時に走路外走行があったことで、その周のラップタイムが抹消されて12番手になってしまい、代わって1/1000秒差で9番手だった87号車 Bamboo Airways ランボルギーニ GT3がQ2に進出しました。

Bamboo Airways ランボルギーニ GT3
Bamboo Airways ランボルギーニ GT3

そんなQ2では、10号車 TANAX GAINER GT-Rが1分35秒253を記録。しかし、5周目に1分34秒983という異次元のタイムをマークした61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝選手。翌周にも1分34秒888とタイムを縮め、ポールポジション!

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

開幕戦岡山から2戦連続、山内選手としては10回目のポールポジションを獲得しました。

ポールポジションを喜ぶSUBARU BRZ R&D SPORTのドライバー
ポールポジションを喜ぶSUBARU BRZ R&D SPORTのドライバー

予選2位は10号車 TANAX GAINER GT-R。3番手はK-tunes RC F GT3、4番手はBUSOU raffinee GT-Rとなり、なんとダンロップタイヤ装着車がトップ4を独占!岡山でのトップ3から今度はトップ4という大躍進を見せました。

TANAX GAINER GT-R
TANAX GAINER GT-R

しかし決勝レースは450kmというロングディスタンス。予選結果がそのまま反映されるかどうかは正直に言ってわかりません。そんな決勝スタートは4日(水)の14時30分となります。

ポールポジションのSUBARU BRZ R&D SPORTのドライバーとレースクイーン
ポールポジションのSUBARU BRZ R&D SPORTのドライバーとレースクイーン

【SUPER GT2022 第2戦 富士 GT300 予選結果】

順位 ゼッケン 車名 ドライバー タイム
1 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人 山内英輝 1’34.888
2 10 TANAX GAINER GT-R 富田竜一郎 大草りき 塩津佑介 1’35.253
3 96 K-tunes RC F GT3 新田守男 高木真一 1’35.273
4 34 BUSOU raffinee GT-R 柳田真孝 井出有治 1’35.367
5 65 LEON PYRAMID AMG 蒲生尚弥 篠原拓朗 1’35.430
6 11 GAINER TANAX GT-R 安田裕信 石川京侍 1’35.486
7 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 川合孝汰 菅波冬悟 1’35.542
8 88 Weibo Primez ランボルギーニ GT3  小暮卓史 元嶋佑弥 1’35.561
9 4 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝 片岡龍也 1’35.621
10 55 ARTA NSX GT3 武藤英紀 木村偉織 1’35.941
11 60 Syntium LMcorsa GR Supra GT 吉本大樹 河野駿佑 1’35.963
12 7 Studie BMW M4 荒聖治 アウグスト・ファルフス 近藤 翼 1’35.974
13 87 Bamboo Airways ランボルギーニ GT3 松浦孝亮 坂口夏月 1’36.077
14 56 リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R 藤波清斗 J.P.デ・オリベイラ 1’36.097
15 2 muta Racing GR86 GT 加藤寛規 堤優威 1’36.769
16 9 PACIFIC hololive NAC Ferrari 木村武史 ケイ・コッツォリーノ 1’37.594
17 18 UPGARAGE NSX GT3 小林崇志 太田格之進 1’36.298
18 6 Team LeMans Audi R8 LMS 片山義章 R.メルヒ・ムンタン 川端伸太朗 1’36.336
19 20 シェイドレーシング GR86 GT 平中克幸 清水英志郎 1’36.498
20 360 RUNUP RIVAUX GT-R 青木孝行 田中篤 柴田優作 1’36.665
21 244 HACHI-ICHI GR Supra GT 佐藤公哉 三宅淳詞 1’36.963
22 30 apr GR86 GT 永井宏明 織戸学 平良響 1’36.693
23 5 マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号 冨林勇佑 平木玲次 1’37.078
24 31 apr GR SPORT PRIUS GT 嵯峨宏紀 中山友貴 1’36.889
25 25 HOPPY Schatz GR Supra 松井孝允 野中誠太 1’37.434
26 48 植毛ケーズフロンティア GT-R 飯田太陽 田中優暉 1’38.447
27 22 アールキューズ AMG GT3 和田久 城内政樹 1’38.561
28 50 Arnage MC86 加納政樹 阪口良平 末廣武士 NoTime

(写真:吉見 幸夫、松永 和浩/文:松永 和浩