ランドローバー ディフェンダー「130」設定へ。最大8人乗車可能なロングモデル

■キャッチフレーズは「プレミアム エクスプローラー」

ランドローバーは現在、「ディフェンダー」の新バリエーション「ディフェンダー130」を開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ランドローバー ディフェンダー_001
ランドローバー ディフェンダー 130 市販型プロトタイプ

現在ディフェンダーには、3ドア・ショートホイールベースの「ディフェンダー90」と5ドア・ロングホイールベースの「ディフェンダー110」がラインアップされており、「130」はフルサイズの3列シートを備えた第3のボディタイプとなります。

ランドローバー ディフェンダー_008
ランドローバー ディフェンダー 130 市販型プロトタイプ

エントリーレベルの90は「ハロー、イメージアイコン」、90には「決定的なディフェンダー」と各モデルにはキャッチフレーズがありますが、130には「プレミアム エクスプローラー」と名付けられています。

雨中のニュル付近およびコース内で捉えたプロトタイプは、追加モデルということもあり、比較的軽いカモフラージュとなっています。

一見してロングボディとわかりますが、実はホイールベースは110と同じだといいます。110でもオプションで3列目のシートを用意しますが、大人が余裕を持って座るには若干タイト感が否めません。

そこで130では、リアオーバーハングを延長することで3列シートの十分な空間を確保。全長は110より13.4インチ(340mm)長い200.8インチ(5100mm)にも達し、最大8名の乗車が可能になるといいます。

パワートレインは、最高出力300ps・最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、最高出力400ps・最大トルク550Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒+マイルドハイブリッドエンジンなどが110から流用されると思われますが、最高出力525ps・最大トルク846Nmを発揮する、5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンは現段階で確認されていません。

130のワールドプレミアですが、ジャガーランドローバーCFOであるエイドリアン・マーデル氏は昨年3月、130を今後18ヵ月以内に発表すると語っていたことから、おそらく2022年8月までに行われる可能性が高いと予想されます。

またフォード「レンジャー」や、フォルクスワーゲン(VW)「アムロック」に匹敵するオープンバックのピックアップバージョンも噂されています。

 (APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?