アリアもbZ4Xも圧倒!? ヒョンデ・アイオニック5、超高性能「N」モデルが開発中

■システム合計出力は305ps、最大トルク605Nmを発揮、航続距離は618kmに

ヒュンダイ改めヒョンデは、日本市場復活に伴いフルエレクトリック「アイオニック 5」の日本導入を発表していますが、そのパフォーマンスモデルとみられる「アイオニック 5N」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ヒョンデ アイオニック5 N_008
ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ

アイオニック 5は、新開発の「E-GMP」(E-Global Module Platform)を採用。

ベースモデルに58kWh、上位モデルに72.6kWhバッテリーを搭載、システム合計出力は305ps、最大トルク605Nmのパフォーマンスを発揮します。

また上位モデルの航続距離は618kmと、日産「アリア」の470km、トヨタ「bZ4X」の530kmを圧倒する動力パフォーマンスを誇ります。

ヒョンデ アイオニック5 N_010
ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ

ベースモデルでもその実力を見せつけられますが、さらなる高性能モデルが登場すれば、もはや手がつけられない状態となります。

捉えたプロトタイプは、フラッシュマウントドアハンドル、パラメティックピクセルLED照明ユニットなど、ベースモデルと同様の仕様が見てとれます。

しかし、よく見るとボディを若干ローダウン。ベースモデルのフロントディスク12.8インチ(325mm)より大幅に大きく、より強力なブレーキシステムを装備しています。起亜「EV6GT」と同様の電子式リミテッドスリップディファレンシャルソフトウェアも備えている可能性があるでしょう。

ホイールアーチには小さなフェンダーフレアを装着、実際のホイールサイズを隠している様子がうかがえるほか、全体的にカモフラージュが厳重で、アグレッシブなバンパーや後部のディフューザーなどを隠している可能性も高いです。

ヒョンデ アイオニック5 N_001
ヒョンデ アイオニック5 N 市販型プロトタイプ

EVスペックは「EV6GT」と共有する可能性があり、その場合77.4kWhのバッテリーパックを積み、最高出力577ps・最大トルク740Nmを発揮するデュアルモーター四輪駆動システムを採用、0-100km/h加速わずか3.5秒というハイパフォーマンスが予想されます。

気になる日本市場への導入ですが、ベースモデルの人気次第で十分ありえると言えるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?