フェラーリの新型!? マセラティ「グランツーリズモ」次期型、市販型デザインが初露出

■「599GTBフィオラノ」を彷彿させるエクステリア

マセラティが開発中の2ドアスポーツカー「グランツーリズモ」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

マセラティ グランツーリズモ_004
マセラティ グランツーリズモ 次期型プロトタイプ

数年前、アルファロメオ「ジュリア」のテストミュールをまとっていたプロトタイプですが、今回フィンランド・ラップランド山中で捉えた開発車両は、これまでで最もカモフラージュが落とされ、最終デザインがかなり露出しています。

マセラティ グランツーリズモ_007
マセラティ グランツーリズモ 次期型プロトタイプ

ヘッドライト内部は量産型コンポーネントなのかどうかは不明ですが、オレンジマーカーがあることからこれが米国仕様であることがわかります。

また、低いノーズ、ベントを備えるボンネットなど、フェラーリ「599GTBフィオラノ」を彷彿させるエクステリアが確認できます。

さらに、フロントバンパーのサイドエアインテークの後ろには、2つのインタークーラーを隠しているようで、これがツインターボエンジンを搭載していることを示唆しています。

側面では、フラッシュドアハンドル、後部では、プラスチック製ディフューザーで補完されたクワッドエキゾーストパイプ、スーパーカー「MC20」に似たLEDテールライトを装備、その左右を接続するクロームストリップがあるように見えます。

マセラティ グランツーリズモ_010
マセラティ グランツーリズモ 次期型プロトタイプ

インテリアはまだ見ていませんが、フルデジタルインストルメントクラスターを含むインフォテインメントテクノロジーが搭載される可能性があります。

パワートレインは、MC20から3.0リットルV型6気筒ツインターボ「Nettuno」(ネットゥーノ)エンジンを流用、最高出力は600ps以上、最大トルクは730Nmを発揮すると予想、ZF製8HP8速オートマチックと組み合わされます。

当初、グランツーリズモ新型は2021年後半に公開予定でしたが遅れが生じ、2022年内にはワールドプレミアされる予定となっています。

その後はオープンモデル「グランカブリオ」を設定するほか、フルエレクトリックバージョンも発売が確定しています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?