アルピーヌ・ジャポン、「A110S」で全日本ジムカーナ選手権に参戦する山野哲也選手をサポート

■山野哲也、2ペダルと電動パーキングブレーキを採用するアルピーヌA110Sでジムカーナに挑む

アルピーヌ・ジャポンは、2022年2月22日(火)、2022年シーズンのJAF全日本ジムカーナ選手権に「アルピーヌA110S」で参戦する山野哲也選手をサポートする、と発表しました。

アルピーヌA110S
アルピーヌA110Sと山野哲也選手

山野哲也選手は、ジムカーナだけでなくスーパーGTなどさまざまなレースで活躍。

先述したように、山野選手は2004年から2006年まで3年連続で全日本GT選手権/SUPER GTのシリーズチャンピオンを獲得。JAF全日本ジムカーナ選手権では、2021年シーズンに通算21度目となるシリーズチャンピオンを獲得するなど、数多くのタイトルを獲得しているトップレーシングドライバーの1人です。

山野選手は、22度目のシリーズチャンピオン獲得を目指し、アルピーヌA110Sを駆り2022年シーズンのJAF全日本ジムカーナ選手権に参戦することになります。

アルピーヌA110S
アルピーヌA110Sの走行イメージ

アルピーヌ・ジャポンでは、アルミを採用した軽量なシャシー、正確なハンドリングが特徴のアルピーヌA110Sを山野選手に提供することで、2022年シーズンの挑戦をサポートします。

山野選手は

「2022年から新しいチャレンジが始まります。アルピーヌA110Sは、2ペダルで、しかもエレクトリックパーキングブレーキ(EPB)を採用しています。手動パーキングブレーキが必須のジムカーナでは常識外れともいえるクルマで、JAF全日本ジムカーナ選手権に参戦することになります。
AT免許取得者の増加、MT車の減少、EPB車の増加など、クルマを取り巻く環境は、相当なスピードで変化しています。山野哲也というドライバーを育ててくれたジムカーナに感謝し、恩返しするためには、ジムカーナの普及発展が欠かせないと考えています。
そのためには、現在のクルマを取り巻く状況を受け入れ、新たなジムカーナの世界を切り開く必要があります。今年選択したマシン、アルピーヌA110Sは、コンパクトで優れたハンドリングをみせるフレンチを全日本チャンピオンマシンに伸し上げるべく、また。通算22度目のタイトル獲得につながるようにチーム力を発揮し、全力で戦います」

と、2022年シーズンは、最新のクルマ事情も含めた挑戦であり、その意義や意気込みを語っています。

アルピーヌA110S
2ペダルクラスの「JG10」に参戦する

山野選手の「チームドライビングマジック」は、2ペダルクラスの「JG10」に参戦し、エントリー車名は「EXEDY 12D A110S」になります。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。