アルファロメオ新型SUV・トナーレ、次は「クーペ」で登場!

■Dピラーを寝かせBMW「X4」やメルセデス・ベンツ「GLCクーペ」を彷彿

アルファロメオは2月に入り、新型コンパクト・クロスオーバーSUV「トナーレ」を発表しましたが、そのクーペバージョンが計画されていることがわかりました。

アルファロメオ トナーレ_005
アルファロメオ トナーレ クーペ 予想CG

トナーレは、メルセデス・ベンツ「GLA」、アウディ「Q3」、BMW「X3」など強豪ひしめく欧州Cセグメント市場に投入されたSUVです。

同社初のSUV「ステルヴィオ」の下に位置するコンパクSUVで、同社初のPHVとして「Q4」プラグインハイブリッドが搭載されています。

このシステムには、1.3リットルガソリンターボエンジンがフロントアクスル、電気モーターがリアアスクルを駆動する「Q4オールホイールドライブ」が採用されています。

システム合計出力は275hpを発揮、0-100km/h加速は6.2秒で駆け抜け、1.5kWhのバッテリーにより、EV航続80kmとハイレベルな動力性能が自慢です。

アルファロメオ トナーレ_002
アルファロメオ トナーレ

お馴染み「X-Tomiデザイン」に協力を得た予想CGは、ベースモデルと同様のフロントエンドを持っていますが、Dピラーを寝かせ、BMW「X4」やメルセデス・ベンツ「GLCクーペ」を彷彿させるデザインとなっています。

そのセクションは、直接的ライバルとなりそうなBMW「X2」と比較して、リアウィンドウにより角度がつけられスッキリとしています。

近年では、ほぼすべての高級自動車メーカーがSUVモデルにクーペを設定しており、ニッチとして始まったセグメントは、いつの間にかブランドの強力なスタイルへと進化しています。

先日は、高性能「Quadrifoglio」(クアドリフォリオ)バージョンが検討されていることをスクープしたばかりですが、今後トナーレの派生モデルから目が離せなくなりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?