BMW 8シリーズ改良型、内外を大刷新!プロトタイプは上位モデルか?

■ヘッドライトはスリムに、グリルデザインも新設計

BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ」に設定される派生4ドア「8シリーズ グランクーペ」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW 8シリーズ_004
BMW 8シリーズクーペ 改良型

初代8シリーズは「6シリーズ」後継モデルとして1990年に発売、2ドアクーペのみ設定されていましたが、実用性がコストに見合わないなどの理由で1999年に生産終了となりました。

その後2018年に復活、2ドアクーペと実用性の高い4ドアグランクーペ(GC)、オープンの「カブリオレ」が設定されており、これが初の改良型LCIとなります。

BMW 8シリーズ_001
BMW 8シリーズクーペ 改良型

ミュンヘンで捉えたプロトタイプは、ボディ前後をガッチリとカモフラージュ。しかし、フロントバンパーから新デザインのエアインテークが露出しているほか、リップスポイラーが装着されています。

また側面ではゴールドの大径ホイール、後部では、ツインエキゾーストパイプのセットアップが左右にインストールされていることがわかります。エントリーレベルのプロトタイプを3月に捉えていましたが、今回は上位モデルの可能性が高いようです。

BMW 8シリーズ_007
BMW 8シリーズクーペ 改良型

市販型では、ヘッドライトをスリムなデザインに、グリルは巨大化されませんが従来のモデルとは異なる形状になる可能性がありそうです。またLEDテールライトのグラフィック、バンパーも新設計されると予想されます。

キャビン内に大幅な変更はなされないと思われますが、「iDrive」システム最新バージョンを搭載することで、インフォテインメントにいくつかのアップデートがみられはずです。

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ターボガソリン/ディーゼルエンジン、4.4リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジンがキャリオーバーされると予想されますが、マイルドハイブリットの追加が濃厚です。

8シリーズ改良型のデビューは、2022年初頭と予想されています。

(APOLLO)