完売したはずのホンダS660、本当に最後?の650台を追加!!

■650台のうち600台は販売店、50台がウェブサイトでの抽選販売に

惜しまれながらも2022年3月をもって生産終了と発表され、最終バージョンの「S660 Modulo X Version Z」も完売、注文受付終了となっていたホンダS660。2021年11月1日、まさにこれが最後の販売となる追加販売という、うれしいニュースが飛び込んできました。
S660が650台追加生産し、一部販売店での販売され、ならびに抽選販売(申込が可能なのは、αが40台、βが10台)されます。

ホンダ S660
完売していたS660 Modulo Xの特別仕様車「Version Z」

一部販売店は、600台の台数限定になるため、地域や販売会社により販売できる台数が異なるそうです。詳しくは、販売会社に問い合わせる必要があります。先述したように、2022年3月の生産終了に向けて、これが最後の販売になるそうです。今回の追加販売は、生産終了が発表された直後から多くのオーダーが集まり、想定を大きく上回る早さで完売したことへのフォローのようです。購入できなかった人から追加生産について多くの声があり、ニーズに応えるべく社内で検討を重ねてきたそう。その結果、一部部品の供給量制限により数量限定とはなるものの、αとβの2タイプの追加生産が決定されています。先述したように、650台のうち、600台が一部販売店で注文を受付、50台はウェブサイトからの申し込みによる抽選販売になります。

ホンダS660
650台の追加販売がアナウンスされたホンダS660

なお、一部販売店での販売については、前回、商談途中に完売になり購入できなかった人が優先で受け付けるそうです。また、抽選の申し込み期間は、11月12日(金)から12月5日(日)、抽選結果は12月15日(水)にウェブサイトのLIVE配信で発表される予定です。なお、価格は「α」が6MT、CVT共に232万1000円。「β」は6MT、CVT共に203万1700円です。

(塚田勝弘)

【関連サイト】
S660商談権申込キャンペーン
https://www.honda.co.jp/S660/2021campaign/