新型ランドクルーザーに優雅なロングバージョン設定か? 専用デザインを大胆予想!

■リアドアが長く、Cピラーは専用デザインに変更。テールライトも差別化か

トヨタ ランドクルーザー_001
トヨタ ランドクルーザー ロングホイールベース 予想CG

トヨタは今夏、人気クロスオーバーSUV「ランドクルーザー」の新型を発表しましたが、早くも派生ロングホイールベースバージョンが噂されています。

トヨタ ランドクルーザー_005
トヨタ ランドクルーザー 新型

新型ランドクルーザーは伝統のフレーム構造を継承しつつ、「TNGA」から受け継がれる「GA-F」プラットフォームを採用、ボディの剛性を高めながら200kgの軽量化に成功しました。

現在納車は1年以上という大人気ぶりで、世界で最も人気のあるSUVの一つとなっています。

トヨタ ランドクルーザー_002
トヨタ ランドクルーザー ロングホイールベース 予想CG

ロシアの自動車サイト「KOELSA.RU」から提供された「ランドクルーザー ロングホイールベース」予想CGは、ノーズからBピラーまですべて変更はないようですが、リアドアが長く、Cピラーは専用デザインに変更されていることがわかります。

注目は、そのピラーの後部の領域が長くなっており、リアオーバーハングで確認することができます。

またリアエンドでの注目は、テールライトを接続するLEDストリップが新たに装備されている点で、トヨタ「MIRAI」のスタイリッシュなLEDバーを彷彿させます。

パワートレインは3.5リットルV型6気筒ツインターボガソリンエンジン、および3.3リットルV型6気筒ツインターボディーゼルエンジンがベースモデルからキャリーオーバーされるはずです。

ランドクルーザー ロングバージョンが登場する場合、2022年後半以降となるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?