レンジローバー次期型、PHEVモデル設定確実に。開発車両を初スクープ!!

■注目はデュアルモーターを備える強力なPHEVオプション

ランドローバーは、2021年10月26日に最高級クロスオーバーSUV「レンジローバー」次世代型を発表予定ですが、そのプラグインハイブリッドモデル開発車両をカメラが初めて捉えました。

レンジローバー PHEV_003
ランドローバー レンジローバー PHEV 新型プロトタイプ

初代レンジローバーは1970年に発売、第4世代となる現行型は2013年に登場、同年ランドローバー初となるハイブリッドモデルが設定されました。

レンジローバー PHEV_009
ランドローバー レンジローバー PHEV 新型プロトタイプ

目撃したプロトタイプは、発表直前にもかかわらず完全にカモフラージュされていますが、水平バーのある下部フロントグリルの開口部が少し見えます。

リアフェンダー上部に充電ポート、フロントガラスやドアには必須のハイブリッドステッカーが確認できますが、それ以外は現行型「P400e」同様に燃焼車と同じデザインが予想されます。

市販型ではランドローバーのラインアップの多くを支える「MLA」プラットフォームを採用、コロナパンデミックと半導体チップ不足からの、ジャガー・ランドローバーの回復を促進する重要な役目を果たすことになります。

今回捉えたプラグインハイブリッドモデルは、現行P400eモデルのガス・エレクトリックセットアップの進化版となります。

レンジローバー PHEV_005
ランドローバー レンジローバー PHEV 新型プロトタイプ

これは「インジニウム」2.0リットルターボエンジンと最高出力143psを発揮する電気モーター、および17.1kWhのバッテリーを組み合わせたもので、EV走行は50kmの動力性能を持ちます。またデュアルモーターを備えた、より強力なPHEVオプションがカードにあると噂され、ローエンドトルクのブーストにより、オフロード性能が大幅に向上するといいます。

そのほかのラインアップでは、最高出力400psを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッド、レンジトッピングモデルにはBMW製4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンなどが予想されます。

PHEV版がベースモデルと同時に発表されるかは未定となっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?