PHEVが防災、停電の備えの一つになる!三菱自動車のコンセプトムービー【動画】

■災害時に電源を供給できる三菱自動車のPHFV

防災アプリ「特務機関NERV防災」を運営するゲヒルン株式会社と三菱自動車は災害による長期停電や通信網途絶に備え、「防災情報配信サービスの継続」と「近隣自治体への支援」を目的とした「特務機関NERV災害対策車両」を共同製作しています。

アウトランダーPHEVの特務機関NERV災害対策車両2号機
アウトランダーPHEVの特務機関NERV災害対策車両2号機

現在は、初号機の流れを引き継ぐ弐号機、参号機の計2台の災害対策車が稼働し、被災各地へ出動、災害対策本部や避難所の支援活動を行っています。

エクリプスクロスPHEVの特務機関NERV災害対策車両3号機
エクリプスクロスPHEVの特務機関NERV災害対策車両3号機

その「特務機関NERV災害対策車両」のスペシャルサイトにて新しいコンセプトムービーの公開を始めました。

この動画は「特務機関NERV災害対策車両」を運用しているゲヒルン株式会社と三菱自動車が共同で、「反省とは、未来を考えること。」をコンセプトに、車両の機能を説明するとともに、特務機関NERVが災害対策車両を整備して、大規模な停電に備える取り組みをしていることを伝え、停電への備えを啓発する目的で制作されています。

PHEVは100V電源を1500Wで出力可能
PHEVは100V電源を1500Wで出力可能

三菱自動車のアウトランダーPHEVエクリプスクロスPHEVは、エンジン駆動とバッテリー駆動を組み合わせたハイブリッド車であることに加え、走行用バッテリーに外部電源から充電することが可能という特徴があります。また車内には100V電源を1500Wの容量で出力できるコンセントも装備。この電源は走行用バッテリーの他に、エンジンを回して発電することで供給することもできます。

この動画は、これらのPHEVの特徴を利用して、災害時などの大規模停電に備える取り組みを、線を使って表現するユニークな構成となっています。

なお音声は「エヴァンゲリオン」シリーズで相田ケンスケ役をされていた岩永哲哉さんで、線の表現と相まって独特の世界観を表現しています。

今、大規模停電は世界中でホットな話題として取り上げられています。この動画は災害時の停電など万が一の時の備えについて考えるきっかけになることでしょう。

エクリプスクロスPHEVの特務機関NERV災害対策車両3号機
エクリプスクロスPHEVの特務機関NERV災害対策車両3号機

(写真・文:松永 和浩

【関連記事】

エヴァに因んだお遊び企画じゃない特務機関NERV災害対策車両に3号機登場!TOYO TIRESのオールシーズンタイヤ「CELSIUS(セルシアス)」採用で全天候対応に!(PR)
https://clicccar.com/2021/06/30/1094615/

【関連リンク】

三菱自動車 特務機関NERV災害対策車両 スペシャルサイト
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/carlife/phev/NERV/

ゲヒルン株式会社 ニュースリリース
https://www.gehirn.co.jp/news/2021-10-04/nerv-cm/