これがBMW 7シリーズ次世代スプリットヘッドライトだ!

■上部にインジケーターとLEDデイタイムランニングライト、下部にメインヘッドライト

BMWは現在、フラッグシップ・4ドアセダン「7シリーズ」次世代型を開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW 7シリーズ_006
BMW 7シリーズ 次世代型 プロトタイプ

これまで、角度のある縦スラットを備えるバンパーなどが露出したプロトタイプなどが目撃されていましたが、今回ミュンヘン近郊で撮影した車両では、ヘッドライトに市販型コンポーネントが初めて装着されています。

これは上部にインジケーターとLEDデイタイムランニングライト、下部にメインヘッドライトが装備されているスプリットタイプとみられ、先日SUV「X7」次期型でもみられた配置と同じと思われます。

BMW 7シリーズ_012
BMW 7シリーズ 次世代型 プロトタイプ

後部では、ボディサイドまで回り込むスリムな市販型LEDテールライトを初めて装備、トランク開口部やバンパーが刷新されている様子も確認できます。

市販型では、「iNEXT」や「i5」をささえるアーキテクチャに類似した、新設計のプラットフォームを採用し、幅広いパワートレインを提供、ラインアップは「735d」「740i」「745e」、そして「M750e」などが予想されています。

電動バージョンの新シリーズ『i7』は「i740i」「i750i」、そして頂点には最高出力660psとも噂される「i7 M60」が設定されるようです。i7 M60では少なくとも2つの電気モーターを搭載、1回の充電による後続は400マイル(644km)を超えると思われます。

またRWDのi735dとi740を除いてファミリーすべてのモデルは全輪駆動「xDrive」を搭載します。

BMW 7シリーズ_008
BMW 7シリーズ 次世代型 プロトタイプ

BMWは1986年に発売された「E32型」第2世代以降、すべてのモデルにV型12気筒エンジンを搭載してきましたが、ついに終焉を迎えることも濃厚です。最上級レンジを求める顧客は「i7 M60」へ移行することになるでしょう。

7シリーズ新型とi7はほぼ同時の公開が期待されており、最速で2021年内、遅くとも2022年初めにはワールドプレミアが予想されます。

(APOLLO)