BMW 3シリーズが大幅改良へ。これが新DRLデザインだ!

■デビューは2022年夏! 内部では「iX」でデビューした湾曲ディスプレイを装備する可能性

BMWは現在、主力モデル「3シリーズ」ファミリー改良型の開発を進めていますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW 3シリーズ_007
BMW 3シリーズ 改良型 プロトタイプ

キャッチしたプロトタイプのフロントドア、およびリアバンパーには「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッドテスト車両)のステッカーが見え、ハイブリッドまたはプラグインハイブリッドであることがわかります。

BMW 3シリーズ_013
BMW 3シリーズ 改良型 プロトタイプ

フロントエンドではキドニーグリルが隠されており、その奥には縦スラットがみえます。サイズはほぼ同じと思われますが、デザインは刷新される可能性がありそうです。

その両脇にはターンシグナルランプを備える新LEDデイタイムランニングライトが初めて露出。現行型より角が少なく、シンプルでスポーティなものに変わりそうです。

BMW 3シリーズ_011
BMW 3シリーズ 改良型 プロトタイプ

その下のセクションでは、センターインテークに現行型と異なるメッシュパターンがみられますが、グレードにより異なるデザインが予想されます。また両サイドに縦型インテークを追加、バンパー全体で大きな進化が見られそうです。

後部ではLEDテールルライトのグラフィックやバンパーがリフレッシュされます。

内部では「iX」でデビューした湾曲ディスプレイを装備する可能性があり、その場合、iX同様にBMWオペレーティングシステム8に基づいた最新のiDriveインフォテインメントシステムが期待できるでしょう。

改良型では、内燃エンジン、ハイブリッド、プラグインハイブリッドがラインアップされますが、最大の注目はフルエレクトリック「3シリーズ EV」(仮称)の設定です。EVでは、中国市場で販売されいてるロングホイールベースを基盤としますが、市販型はグローバルモデルとして発売される可能性がありそうです。

3シリーズ改良型のワールドプレミアは、2022年夏と予想されています。

(APOLLO)