これが最新世代のLEDだ! BMW X1次期型の予想CGを描いてみた

■バンパー下部にはハニカムメッシュの給気口とX字型のアクセント

BMWは現在、ラインアップ最小のクロスオーバーSUV「X1」次期型を開発していますが、その予想CGを入手しました。

BMW X1_008
BMW X1 次期型 予想CG

初代X1はブランド最小SUVとして2009年に登場、現行型2代目(F48型)は2015年から販売されており、これが7年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

8月に入り、最終市販型と思われるLEDデイタイムランニングライトを装着したプロトタイプをキャッチ、最新世代ではブーメラン型が予想されています。その下にはハニカムメッシュの給気口とX字型のアクセント、そして両サイドには垂直のエアカーテンが追加されている様子がうかがえましたが、予想CGでは忠実に再現しています。

サイドでは際立つホイールアーチと角張ったショルダーライン、フラッシュマウントドアハンドルを装備。

BMW X1_007
BMW X1 次期型 プロトタイプ

後部の予想CGはありませんが、流線型のバンパーとスプリットタイプのルーフスポイラー、新設計のリフトゲートやL字型のテールライトが備わるはずです。

キャビン内には、同ブランドのハイエンドな湾曲ディスプレイの搭載が期待されています。これは12.3インチのデジタルインストルメントクラスタ、14.9インチのインフォテイメントシステム、およびBMWオペレーティングシステム8で構成されるでしょう。

市販型パワートレインは、燃焼エンジン、プラグインハイブリッド、そして「iX1」と呼ばれるフルエレクトリックの3つのバージョンが用意されることが濃厚です。EVバージョンに関しては、中国市場向け第一世代のX1をベースにした電動モデル「Zinoro1E」が存在していましたが、次期型ではいよいよグローバルモデルとして発売されます。

次期型X1は、EVモデルの「iX1」とともにドイツのレーゲンスブルク工場で生産され、2022年に発売される可能性が高いようです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?