新型トヨタGR86/スバルBRZの2.4L水平対向4気筒NAに清水和夫がビックリ!コイツは世界に誇れるエンジンだ!!

■ヤンチャなトヨタ・GR86か、安定感のスバル・BRZか?

●ATが凄くイイ! これでレースやったら面白そ~

新型GR86/BRZ
BRZは今夏、GR86は今秋にリリース予定。清水和夫のお気に入りはドレ?

スバルBRZは今夏、トヨタGR86が今秋にリリースが予定されている、話題の新型GR86/BRZプロトタイプ試乗会に、国際モータージャーナリスト・清水和夫さん、参上! 前々から「今度のGR86/BRZは面白そうだ!」とおっしゃっていたので、この試乗会にもワクワク出かけたと想像!

清水和夫
2.4L 水平対向4気筒 NAエンジン、凄いゾ! 世界の中でもベストだな

トヨタのGRブランドが車名に冠する新型「GR86」と、ベースを開発した誇りのある(だろう)スバルの新型「BRZ」。私(永光)が個人的にヘェ~!と思ったのは、アイサイトが2車ともに装備されること(ATのみ)。トヨタのGR86にもアイサイトなのか…。スポーツカーに初装着されるアイサイトに関しては、2車が世に放たれたときに、あらためて清水さんにインプレッションしていただきましょう。

何はともあれ、さっそく動画をチェック! すると、実に楽しそ~にサーキットを攻める清水さんの姿が!

●GR86のATとMT、BRZのATとMT。それぞれをじっくり清水流インプレッション!

「真剣になっちゃうな、声が出ない! ヨシ、イクゾウ!」(清水)。…おやじギャグまで飛び出します(笑)。

新型GR86
新型GR86はじゃじゃ馬なドリフト系

「2車はパワーウェイトレシオもタイヤも同じ。が、サスペンションのセッティングは違います。GR86のほうはフロントのバネレートが低くてリアが高いからアンダーが出ないようなセッティング。BRZは4駆メーカーなのでFRでも直進安定性や低μ路の安定性を重視し、フロントのバネレートが高いですね。それがサーキットでどんな感じかな?」(清水)

新型GR86フロントビュー
GR86のイメージカラーは真っ赤なスパークレッド
新型GR86リヤビュー
スポーティカーらしくキャビンをコンパクトにデザインされた新型GR86

実際に乗り比べてみると、「コーナーでは、GR86はパーンとお尻が流れちゃうんだけど、BRZはグリップしている。まぁ好みの問題なんだろうね。どっちがいいとか悪いとかじゃないけど、やっぱGR86はドリフティングカーでアンダーが出ないように作られているよね」(清水)。

●スバル製2.4L水平対向4気筒NAエンジンがとにかくスゴイ!

新型GR86/BRZのエンジン
トヨタの技術(D-4S/筒内直接+ポート燃料噴射装置)も入ったスバル・2.4L水平対向4気筒NAエンジンは、最高出力173kw(235ps)/7000rpm、最大トルク250Nm(25.5kgm)/3700rpmを発生

「2.4L水平対向4気筒NAエンジンは、トヨタの技術(TOYOTA D-4S)も入っているので、筒内噴射と直噴のハイブリッド版。馬力は235ps、トルクは250Nm。リッター100Nm超えているのは大したもんだな! いや~いいなぁ、このエンジン! 今まで乗ったスバルのエンジンの中で秀悦だね。吹け上り感とレスポンスと力、あと音もいいね。オレ、スバルと40年くらい付き合ってきたけど、こんないいエンジンに出会えるとは思わなかった。ポルシェが作った水平対向4気筒みたいだ、ホントに!」(清水)。

新型BRZフロントビュー
スバルはこの色! WRブルーパールの新型BRZ
新型BRZリヤビュー
7色が用意されますが、やはりスバル=ブルー!

GR86のATとMT。BRZのATとMT。すべての仕様に試乗する清水さん。そして、全車攻めています!

●GR86のMTはアドレナリン出っぱなし! 対して落ち着きのあるBRZはリアの安定感がイイ

新型スバルBRZ
新型スバルBRZは安定感あり大人な感じ

「ステアリングを切っていった時のハンドルの手ごたえと、車体の剛性感、タイヤの接地性もよくなっている。ブレーキの感じもいいゾ。これはGR86/BRZのワンメイクレースが面白そうだ。お~! けっこうケツくるねぇ。GR86ちゃんはケツが流れたくてしょうがない!って感じ」(清水)

「7500rpmでレッドゾーンかな。コレ、速すぎて初心者無理だな、中上級者向けになった感じ」(清水)と言わせるほど、新型GR86/BRZは速いそうですよ、皆さん!

新型GR86/BRZ
新型GR86とBRZ、両車のドライビングはこんなに違う! 動画で確認しないと!!

GR86のATとMTの違いは「ATは調教されたサラブレッドって感じで上品なんだけど、MTはもう荒削りのイケイケ!?  じゃじゃ馬、アドレナリン出まくりだよ!」(清水)

また、2車を比べると「今まで以上にGR86とBRZのキャラクターが分かれているのはいいんじゃないでしょうか。一般道含め、オールラウンドで走るならBRZのほうがいいだろうし、競技指向で行くならGR86のほうがアンダーが出ないぶん、面白いかもしれないね」(清水)。

●リミッターの燃料カットはいただけない。分かっちゃいね~な

ベタ褒めのエンジンですが、一言申したいことが…。

清水和夫
リミッターを燃料カットでやるな! 危ないよ(汗)

「分かっちゃいないのが、リミッターの働き方。燃料カットだから、コーナーの中で効くとカーンとなり危ない危ない! バイワイヤースロットルなんだから、スロットルで落とすとかにしないと。今どき燃料カットでリミッターは無いでしょ!と思うんだけど」(清水)。

●清水和夫、免許取得50周年! トヨタTE27レビンで火をつけられ、スバルでプロレーサーの道へ

ラストは、来年2022年で自動車免許取得50周年となる清水さんは、その半世紀を回顧します。そして、シメ。

清水和夫
2022年で免許取得半世紀!の清水和夫さんは、TE27レビンでクルマ&モータースポーツにはまり、スバルでプロレーサーになったという

「この2.4L水平対向エンジンは、ボクが知る限りNAエンジンの4気筒の中で世界のベストエンジン!

また、250Nmのトルクを生かすFRということで、2L・86のときはちょっと荒っぽいオーバーステアだったんだけど、新型GR86になったら本当にニュートラルステアからスーッとリアが流れてく、この感覚の気持ち良さ。BRZは逆に、スッと流れないでピタンとコップの水がこぼれずにギリギリにリアがグリップしている安定感。スバルとGRにいる凄腕が、お互いよくここまで作り込めたな! 今日は感動しました。

新型GR86とBRZ、どっちがいいか悪いかではなく、両車が違うキャラクターで目指す山の頂はそれぞれ、ツインピークスですね。どっちを選ぶか? より安定性の高いBRZか、よりシャープなステアリング中心でターンインが楽しめるGR86か?

今度のクルマははっきり言って、速いです!」(清水)

清水和夫さんのすべてのインプレッションと、その想いのすべては動画へ!

(試乗インプレッション:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

新型GR86/BRZ主なスペック
新型GR86/BRZ主なスペック

◼️SPECIFICATIONS
車名:TOYOTA GR 86/SUBARU BRZ Prototype
全長×全幅×全高:4265×1775×1310mm
ホイールベース:2575mm
車両重量:1270kg(6速MT)
エンジン:水平対向4気筒2.4L/D-4S(筒内直接+ポート燃料噴射装置)
最高出力:173kw(235ps)/7000rpm
最大トルク:250Nm(25.5kgm)/3700rpmトランスミッション:6速MT/6速AT

【関連記事】

清水和夫が人生最後に乗るのはコレ!?アウディS8はコクピットが一等席!
https://clicccar.com/2021/07/15/1100918/

スバルの宝!! 歴代「レガシィツーリングワゴン」を清水和夫が一気乗り!★まとめ【SYE_X】
https://clicccar.com/2021/03/06/1064207/

清水和夫×LOVECARS!TV!河口まなぶ×ロールスロイス・ゴースト!絶妙な高級猫(サス)はラクダの股引ならぬラクダのスパッツ!
https://clicccar.com/2021/07/13/1100267/

地球上最強のポルシェ911 GT2 RSに宇宙一頑固オヤジの清水和夫が酔いしれる!最強フラット6欲しい!!【SYE_Xアーカイブ】
https://clicccar.com/2020/12/25/1045622/

トヨタGRヤリスに清水和夫が思わず叫ぶ「楽しい!ヤバい!欲しい!!」【SYE_X】
https://clicccar.com/2020/11/27/1037972/

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

TOYOTA GAZOO Racing GR86
https://toyotagazooracing.com/jp/gr/86/

SUBARU BRZ
https://www.subaru.jp/brz/brz/