清水和夫が人生最後に乗るのはコレ!?アウディS8はコクピットが一等席!

■アウディS8の足は動物のように生きている!

●アルミボディA8のハイパワーバージョン「S8」は、アウディの中でも別格!

2020年末、富士スピードウェイに現れたのは、国際モータージャーナリスト・清水和夫さん操るアウディS8。

アウディS8
富士山をバックにアウディS8、堂々たる姿!

現行のA8が日本デビューしたのは2018年。その後、2020年8月に現れたA8のハイパフォーマンスバージョンがS8です。

「ASF(アウディ スペース フレーム)の初代A8は、1994年に出た頃からずっと気になっていたクルマ」と語る清水さん。クリッカーでアウディA8 55 TFSI クワトロ試乗動画を紹介したときも、清水さんはこのアルミフレームからなるA8の走りにマジ惚れしていました。

アウディS8
試乗インプレッションは、お馴染み清水和夫さん

「S8は、ポルシェ911でいうとターボと同じで別格! 縦置きエンジン用のプラットフォームMLB・Aシリーズの延長線上にあるのではなく、S8だけは別物!」(清水)。

 

●蝶のように舞う! S8はドライバーのためのハイパーラグジュアリーサルーン

「V8 4L ツインターボのアウディS8は2000万円を超える高級車。普通のA8でも十分いいクルマだけど、S8はパワートレーンが強化されているだけではなく、シャシーもかなりいい。エアサスはアダプティブにカメラで段差を見て、エアサスを協調制御したりします(プレディクティブ アクティブ サスペンション/カメラ・ミリ波レーダー・レーザースキャナーのデータを活用)」(清水)。

アウディS8のエンジン
アウディS8のエンジンはV8 4Lのツインターボ。「今後は絶滅危惧種になるね。S8最後のV8かな」(清水)

「このしなやかさ! 一般道を走るとS8なのでスポーツモデルだけど、パツンパツンじゃなくラグジュアリーカーとして、アウディが求める最高の高級感を持っています。

ステアリングは軽くて、切るとしっかりセンターフィールが出ていて、そしてスムーズ。この大きなクルマが蝶のように舞っているような感じです」(清水)。

アウディS8のコクピット
アウディS8は運転席が一等席!

また、このスポーティではあれしなやかさも併せ持つドライブフィールを、清水さんは「サスペンションが動物の足みたい!」と表現。

「生きている感じ。グレーチング(溝蓋)や段差のところもしなやかさとダンピングのバランスが良いから、1発目フッとサスがストロークするんだけど、そのあとはバネ上のボディがピシッとフラットライドを維持し、1発でキュンっと吸収している感じ。ン~気持ちイイぞ~!」(清水)。

●富士スピードウェイ・グランプリコースも満喫できるアウディS8は、クルマを知り尽くしたハイエンドなオーナーが最後に乗るクルマ

「S8に注ぎ込まれた技術は紛れもなく本物。V8 4Lツインターボ、これからは絶滅危惧種になりそうなので、最後のV8・S8って感じかな」(清水)。

FSWを走るアウディS8
富士スピードウェイのグランプリコースを上品かつアクティブに走ることができるアウディS8

ショーファーカーではない、ドライビングも満喫できるS8は「AMGみたいにバカっ速いという感じではなく、でも非常に大人チックな速さ。富士スピードウェイのパナソニック看板(メインストレート)で260km/hくらい出るから、それはそれで十分OKですね」と、清水さんはS8の走りに陶酔しているようです。

「おぉ~イイなぁ! シフトの変速ショックも無くて凄くスムーズ。本当にドア4枚か!?って感じだね」(清水)。

百戦錬磨の清水和夫さんがベタ惚れするアウディS8のすべてのインプレッションは、動画で!

(試乗インプレッション:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

アウディS8の主なスペック
アウディS8の主なスペック

◼️SPECIFICATIONS
車名:アウディ S8
全長×全幅×全高:5185×1945×1475mm
ホイールベース:3000mm
トレッド(前/後):1630/1615mm
車両重量:2290kg
エンジン:V型8気筒DOHCインタークーラーターボ
内径×行程:86.0×86.0mm
総排気量:3996cc
圧縮比:10.1
最高出力:420kW(571ps)/6000rpm
最大トルク:800Nm(81.6kgm)/2000〜4500rpm
燃費 WLTCモード:7.8km/L
駆動方式:全輪駆動(クワトロ)
トランスミッション:電子制御8速ATトランスミッション(ティプトロニック)
サスペンション形式(前/後共):ウイッシュボーン
ブレーキ(前/後共):ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(前/後共):265/35R21
最小回転半径:5.3m
乗車定員:5名
車両本体価格(税込):20,100,000円

【関連記事】

アウディRS e-tron GTプロトタイプで城里バンク200km/hオーバー!「音が無いからスピード感無し」by清水和夫【SYE_X】
https://clicccar.com/2021/06/12/1090851/

清水和夫×アウディA8 55TFSIクワトロ試乗、これぞアウディのデファクトスタンダード! 1/2【SYE_X】
https://clicccar.com/2020/08/11/1000473/

アウディA8 55 TFSIクワトロは清水和夫が人生最後に乗りたいクルマ 2/2【SYE_X】
https://clicccar.com/2020/08/11/1001620/

清水和夫×LOVECARS!TV!河口まなぶ×ロールスロイス・ゴースト!絶妙な高級猫(サス)はラクダの股引ならぬラクダのスパッツ!
https://clicccar.com/2021/07/13/1100267/

レクサス初のBEV「UX300e」を清水和夫がチェック!トヨタはBEV開発で遅れてるわけじゃない!
https://clicccar.com/2021/07/09/1099430/

初ミッドシップ&初右ハンドルの新型コルベットを富士スピードウェイで全開!「うわぁ~楽しい!」by清水和夫
https://clicccar.com/2021/06/14/1091669/

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

アウディ Audi S8
https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a8/s8.html