アウディの電動SUV「Q4 e-tron」とクーペSUV「スポーツバック」のコックピットを激写!

■デジタルインストルメントクラスタ、および大型ディスプレイを確認

これまで何度も捉えたアウディの新型電動クロスオーバーSUV「Q4 e-tron」およびクーペ版「Q4 e-tron Sportback」プロトタイプですが、ついにそのコックピットの撮影に成功しました。

アウディ Q4 e-tron_002
アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ

捉えた2つのキャビン内にはデジタルインストルメントクラスタを搭載、センターにある大型のインフォテイメントディスプレイは、VWの兄弟モデルのようにダッシュボードの上ではなく、ダッシュボードにインサートされています。

その下には、ギアセレクタ、プッシュ式スタートボタン、電子パーキングブレーキを確認することができます。また、2台のプロトタイプには異なるステアリングホイールが装着されており、1台は「Q4 e-tron コンセプト」と似たデザインが採用されています。

アウディ Q4 e-tron_015
アウディ Q4 e-tron スポーツバック 開発車両

エクステリアは、これまでのプロトタイプと同レベルのカモフラージュが施されており、コンセプトとは異なるグラフィックを持つLEDデイタイムランニングライト、ヘッドライトのアウトラン、それに繋がるワイドなシングルフレームグリルバンパーコーナーには三角形のエアインテークも確認できます。

また、スポーツバックでは、スポーツカーのように傾斜したAピラー、キックアップするベルトライン、コンセプトモデルから反映された筋肉質のリアフェンダーなどが見てとれます。

EVユニットはフロントに最高出力102hp、リアに204hpの電気モーターを搭載、システム合計出力は306hpに達します。コンセプトモデルでは、0-100km/h加速6.3秒、最高速度180km/h(電子リミッター作動)と発表されていましたが、市販型のパフォーマンスが注目されます。

航続距離は450km(280マイル)以上、最大125kWの急速充電により30以内で80%以上の充電が完了します。

Q4 e-tornは2021年初頭に発売、e-tronスポーツバックは2021年内の登場が予想され、どちらもドイツのヴィッカウ工場でVW ID.4と一緒に生産されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
起亜 スポーテージ_002
満を持して世界初公開。起亜のクロスオーバーSUV「スポーテージ」はアウトランダー風デイタイムランニングライトを装備
BMW 8シリーズ_005
内外刷新! BMW 8シリーズクーペが大幅改良へ
日産 フェアレディZ ティザーイメージ_001
8月17日デビューへ! 新型フェアレディZはスープラよりお得な385万円から

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事