日産が新型ローグを公開! 新型エクストレイルの登場は?

■新開発プラットフォームにパワフルな2.5L DOHCエンジンを搭載

新型「日産ローグ(エクストレイル)」のエクステリア

日産自動車が新型ローグ(エクストレイル)を10月下旬より全米ディーラーで販売開始すると発表しました。

同車は日産の事業構造改革「Nissan NEXT」を牽引する新型車の1台で、大胆で力強いエクステリアはアスリートのような力強さと上質さを兼ね備えており、インテリアには家族が快適に過ごせる洗練されたデザインを採用。

ボディカラーには同車初となる5種類のツートンカラーが用意されています。

新型「日産ローグ(エクストレイル)」のリヤビュー

新開発プラットフォームの採用により、優れた運動性能を実現しており、全方位運転支援システム(セーフティ・シールド360)を標準搭載するなど、日産の最新技術を数多く搭載。

車両サイズについては現行エクストレイルの全長×全幅×全高:4,690×1,820×1,740mmに対してホイールベースも含め、大きな変化は無く、FWDとAWD仕様が設定されています。

新型「日産ローグ(エクストレイル)」に搭載の2.5L DOHCエンジン

クラストップレベルの安全性を実現すると共に、パワフルな2.5L直4DOHCエンジンや、新開発の車両制御技術「ビークルモーションコントロール」により、ワクワクするドライビングを実現しています。

また、プロパイロットにはナビゲーションの地図情報を活用して、高速道路のカーブや分岐などで適切な車速に調整する新機能を追加。通勤時の渋滞や長距離ドライブなど、高速道路におけるストレスをより軽減します。

新型「日産ローグ(エクストレイル)」のインテリア

日産によると、今後も同社初のEVクロスオーバー「日産 アリア」や、新型「フェアレディZ 」などのニューモデルを投入することで、北米市場におけるラインナップを刷新して行くそう。

北米における新型の車両価格は$25,650(約270万円)からとなっており、日本版となる新型「エクストレイル」の公式発表が大いに待たれます。

Avanti Yasunori/画像:NISSAN)

【関連記事】

日産が10月21日にワールドプレミアした新型コンパクトSUV「マグナイト」とは?
https://clicccar.com/2020/10/19/1026788/

やっちゃえNISSAN! 9月16日公開の7代目「フェアレディZ」は初代をリスペクト?
https://clicccar.com/2020/09/04/1010271/

日産が新型クロスオーバーEV「アリア」のフロントエンブレムを刷新した理由とは?
https://clicccar.com/2020/07/26/994563/

国内導入に期待! 日産の粋なコンパクトSUV「マグナイト(MAGNITE)」登場
https://clicccar.com/2020/07/25/995247/

【関連リンク】

日産エクストレイル
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

日産キックス
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/kicks.html

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。