日産が新型クロスオーバーEV「アリア」のフロントエンブレムを刷新した理由とは?

■日産がエンブレムを約20年ぶりに刷新!

日産自動車が2001年以来、国内外で長らく使用してきた「NISSAN」エンブレムの意匠を刷新しました。

その第一弾となるのが新型クロスオーバーEV「アリア」で、今後そのほかの車種についてもモデルチェンジなどに合わせて順次新タイプのエンブレムに切替えていくそうです。

新エンブレムではNISSANの文字間隔が広げられており、それをとりまく輪の幅が細く、かつ文字に凹凸が無い平板的なデザインになっています。

これはエンブレム背後のミリ波レーダーへの影響を低減するための配慮で、「アリア」ではさらにエンブレム上の文字や輪の部分が暗所で発光する構造になっている模様。

日産の新旧エンブレム比較

全店全車種販売への移行を受け、従来の鷹(チュウヒ)マークに代わってトヨタマークが採用された新型「トヨタ ハリアー」の場合も、やはり平板的な意匠が採用されています。

新型トヨタ ハリアー

日産は、2001年頃まではラジエータグリル内への社名エンブレム装着は車種によりけりでしたが、その後同社が迎えた新たなCEOの方針で欧州車に倣い、現行仕様の、遠くからでも目立つ立体的で力強いエンブレムが全車に設定されました。

米国仕様の日産ムラーノ

今回同社が新型「アリア」を皮切りにエンブレムを刷新する背景には、ミリ波レーダーの感度向上に加え、企業として起死回生を果たすべく、心機一転を図ろうとする意思が込められているようです。

新型クロスオーバーEV日産アリア

特にフロントエンブレムは、自動車メーカーの歴史やブランド力を想起させるシンボル的なものだけに、ユーザーの反応や新エンブレムが今後の同社の製品群にもたらす影響力などが注目されます。

Avanti Yasunori・画像/動画:NISSAN)

【関連記事】

国内導入に期待! 日産の粋なコンパクトSUV「マグナイト(MAGNITE)」登場
https://clicccar.com/2020/07/25/995247/

日産が「アリア」に続き、スタイリッシュなコンパクトSUVを7月16日に発表
https://clicccar.com/2020/07/07/992028/

7月にデビューする日産の新型EV「アリア」はGT-Rも真っ青のハイパワーマシン!?
https://clicccar.com/2020/06/29/989864/

ライバル・日産キックスの発表で「ヤリス クロス」の発売が8月末に前倒しに?
https://clicccar.com/2020/06/24/988623/

新型トヨタ「ハリアー(4代目)」がスタート価格299万円で正式発売!
https://clicccar.com/2020/05/25/979719/

【関連リンク】

日産自動車   https://www.nissan.co.jp/

『日産自動車』の最新記事
伊藤かずえさんのシーマレストア開始
「ポニーテールはふり向かない」女優・伊藤かずえは新しい車にもふり向かない!30年乗り続けた日産シーマのお気に入りはあの小さなワイパー!!
日産エクストレイル
日産が新型エクストレイル、アリアなどを上海モーターショーに出展
日産リーフ
日産の9モデルも新たに認定。国土交通省による「先進安全技術の性能認定制度」とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事