新ノーズ採用! マセラティ クアトロポルテ改良型、目玉は48Vマイルドハイブリッド

■最大の変更は内部。 10.1インチのディスプレイ、フルデジタル・インストルメントクラスタ搭載

マセラティのFセグメント・ラグジュアリーサルーン、「クアトロポルテ」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

マセラティ クアトロポルテ_001
マセラティ クアトロポルテ 改良型プロトタイプ

先日、「ギブリ」「クアトロポルテ」「レヴァンテ」の3車種に高性能「トロフェオ」を設定することを発表したばかりですが、そのベースモデルとなります。

マセラティ クアトロポルテ_008
マセラティ クアトロポルテ 改良型プロトタイプ

クアトロポルテは、「4」を意味する「クアトロ」と「扉」を意味する「ポルテ」の造語で、1963年に初代が登場しました。現行モデルとなる6代目は2012年から生産されており、2016年に初の改良型が発売されています。

今回は、2022年に登場予定の次世代型リリースまで、可能な限り競争力を維持するため、2度目の大幅改良が執行されることになります。

キャッチしたプロトタイプは、再設計されたフロントノーズをむき出しにしています。ヘッドライトのLEDデイタイムランニングライトが上端に沿ってあり、側面にクリアセクションがあります。グリルのアップライトはより厚く、フロントバンパーのエアインテークは若干拡大されていることがわかります。

マセラティ クアトロポルテ_007
マセラティ クアトロポルテ 改良型プロトタイプ

リアエンドでは、テールライトのグラフィックスを微調整するほか、バンパーにも小さな変更がなされる可能性があるでしょう。

最大の変更は内部にありそうです。10.1インチのディスプレイ、フルデジタル・インストルメントクラスタ、最新のインフォテイメントシステムを搭載することが濃厚とされています。

パワートレインの注目は、「ジブリ」ハイブリッドから流用される2.0リットル直列4気筒+48Vマイルドハイブリッド、eブースターの電動ユニットです。最高出力は330ps、最大トルク450Nmを発揮するとみられます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
トヨタ新型電気SUV_001
トヨタ✕スバル共同開発の新型フルエレクトリックSUV、ついにフロントマスクが公開!
メルセデス AMG SL_008
メルセデスAMG GTロードスターが生産終了の可能性も。代替モデルに「SL」次期型を指名!
ジープ コマンダー_002
車名は「コマンダー」か? ジープが新型7シーターを開発中

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事