発表秒読みか? フェラーリ「F40」にインスパイアされた新型ワンオフモデルが公開へ

■「F8トリブート」から流用される3.9リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載

フェラーリは、「F40」にインスパイアされた新型ワンオフモデルを開発している可能性があることがわかりました。

フェラーリ F40_003
フェラーリ F40

F40は、1987年に創業40周年を記念して開発されたミッドシップモデルで、324km/hという最高速度を誇った伝説のモデルです。

フェラーリ F40_005
フェラーリ F40

同社VIP顧客によるオーダーで開発されるSPシリーズは、2018年に「488 GTB」をベースとした「SP 38」を公開、数カ月後には「F12tdf」をベースとしたオープンルーフのV12搭載ロードスター「SP3JC」が登場。2019年には「330 P3/P4」および「Dino 206 S」レースカーからインスパイアされた「P80/C」も開発されています。

フェラーリ F40_004
フェラーリ F40

公開直前とみられる新型ワンオフは、「F40」を象徴するような固定式大型リアウィングを備えたレッドカラーのモデルで、車名には「SP 42」が与えられ、F40の箱型デザインをより柔らかくしたイメージだといいます。

パワートレインは、「F8トリブート」から流用される3.9リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、マニュアルミッションと組み合わされると予想されます。

SP42のワールドプレミアは近いと思われ、発売されれば3億円以上のプレミアがつくのは必至と言えそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?