BNR32は944ターボ、BCNR33はBNR32が最大のライバル!渡邉衡三が清水和夫の突っ込みについつい吐露!? Vol.3【Back to the BNR32】

■宥(なだ)めて、賺(すか)して、脅(おど)して!

●第二商品本部主査・伊藤修令の想い・コンセプトをカタチに

R32スカイラインGT-Rの開発段階から深い関わりを持つ、国際モータージャーナリスト・清水和夫さんが、BNR32開発メンバーに突っ込みインタビューを行った【Back to the BNR32】。

渡邉衡三さん
ちょっとお酒の入った渡邉衡三さん。「言いたいことを言わせてもらうよ!」

プロローグ編では清水さんのBNR32に対する想い、Vol.1では伊藤修令さんへのインタビュー、Vol.2では田口浩さんに貴重なお話を語っていただきました。

さぁ、今回Vol.3は32~34のすべてに関わってこられた渡邉衡三さんが登場です。

「日産901運動」OB会パーティーでのインタビューなので、ちょっと気持ち良くお酔いになられている渡邉さんがついポロっとしてしまったこととは?

開発テスト中のBNR32
1990年にナンバー1になることを目標とした「日産901運動」を代表するR32スカイラインGT-R。

●BNR32は目標へ向かって一直線に進んでいった

日産901運動スタート時、渡邉衡三さんは車両実験部・スカイライン担当実験主担でした。主査・伊藤修令さんのBNR32コンセプトを技術的に翻訳し、設計に展開し、図面にし、クルマにし、それがコンセプト通りに仕上がっているかどうかをチェックする…という難しい立場でした。

N1耐久レース参戦車両
清水和夫さんがドライバーを務めたN1耐久レース、ニッサルコGT-R号。

「某清水和夫が女性を口説くときと同じ(!!)、自分の思い通りになるように宥(なだ)めて、賺(すか)して、脅(おど)して!と、あらゆる手練手管(てれんてくだ)を使っていましたね」(渡邉)。

な~んて感じで、清水さんもタジタジな渡邉衡三さんの第2世代スカイラインGT-Rへの想いの続きは、動画で!

(清水 和夫/映像協力:日産自動車/取材協力:P901 OB会/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの)

【関連記事】

清水和夫が贈る、R32スカイラインGT-R(BNR32)の世界・prologue【Back to the BNR32】
https://clicccar.com/2020/08/12/1002161/

伊藤修令が清水和夫に語った「日産901運動」実は実話なハナシVol.1【Back to the BNR32】
https://clicccar.com/2020/08/13/1002209/

レイアウト設計主担・田口浩が清水和夫に語る、BNR32~BCNR33への進化の課題とは? Vol.2【Back to the BNR32】
https://clicccar.com/2020/08/14/1002420/

人が創ったR32スカイライン!日産シャシー菅裕保&吉川正敏、BSタイヤ吉野充朗がつい清水和夫に喋っちゃったVol.4【Back to the BNR32】
https://clicccar.com/2020/08/16/1003471/

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

この記事の著者

清水和夫

清水和夫 近影
1954年生まれ東京出身/武蔵工業大学電子通信工学科卒業。1972年のラリーデビュー以来、スーパー耐久やGT選手権など国内外の耐久レースに参加する一方、国際自動車ジャーナリストとして活動。自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。clicccarでは自身のYouTubeチャンネル『StartYourEnginesX』でも公開している試乗インプレッションや書下ろしブログなどを執筆。