商用車から軽自動車まで! トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車を発見【オートモビルカウンシル2020】

■個性が光る激レアのコンパクトカー&軽自動車の旧車たち

国産車にも名車は数多く存在しますが、日頃あまり話題にならない隠れた存在の名車や珍車も意外にあるものです。

そんな激レアな国産旧車たちを、カーイベントの「オートモビルカウンシル2020」(7月31日(金)〜8月2日(日)・幕張メッセ)で発見しましたので早速紹介しましょう。

●1976年式 マツダ・ボンゴトラック

商用車の中でもマツダの「ボンゴ トラック」は、いまやバンと共に今でもモデル名が続いている数少ない車種のひとつです(現行車はトヨタ・タウンエースのOEM車)。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
1976年式マツダ・ボンゴトラック

仕事などでハードな使い方をされる商用車は、昔のモデルが残っていないことが多いものですが、ヴィンテージ宮田自動車がそのボンゴを出展していました。

1976年式のボンゴ トラック。約44年前のクルマです。この初代は1966年に登場したモデルですから、基本設計などは54年前です。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
再塗装によりクリーンなイメージも演出

全体にレストアを受けて再塗装も施されたそのフォルム。どこか愛嬌がある顔つきはちょっと和んでしまう雰囲気がありますね。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
エンジンは荷台後方に搭載

荷台には、なぜか人が座る椅子のようなカタチになっているのがとても興味深いです(ひょっとしたら、当時は仕事の移動中に座っていた?)。

荷台後方に搭載されている直列4気筒エンジンも、シリンダーヘッドなどをペイントしてあり、とってもキレイなイメージ。このカタチで復刻すれば、意外に人気が出るかもしれませんね。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
荷台部分もきれいにレストアされています

●1971年式ホンダ・バモス

お次はホンダの変わり種360cc軽自動車「バモス・ホンダ」です。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
1971年式ホンダ・バモス

1970年に登場したこのモデルは、同じ年に登場したスズキのジムニー、ダイハツフェローバギーとともに、当時のレジャーブームの中で三つ巴戦を演じた、いまでいうアウトドアテイストな360cc軽のうちのひとつです。

オープンカータイプの軽トラックで、オフロードカーを意識したスタイルを採用。ところが装備的にはあまりオフロードの走破性を考慮したものが少なく、4WD仕様も設定されていません。当時はあまり売れず、1973年には生産終了となっています。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
アウトドア感溢れる装備が各所に施してある

そんな激レアなモデルですが、今見ると、なかなかどうして面白いスタイルではないでしょうか。特にフロントにセットされたスペアタイヤと丸目ヘッドライトの組み合わせは、オフロード感とキュートさが絶妙にマッチしていると思います。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
荷台には濡れても大丈夫なものであれば積むことが可能

プラネックスカーズが展示したこの車両は1971年式で、ボディの各部やトノカバーなども見事にレストアされているため、あまり古さも感じませんでした。

●1972年式トヨタ・カローラレビン

世界で一番売れている乗用車カローラの中でも、クーペボディを採用したレビンの初代モデルもかなりレアな1台です。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
1972年式トヨタ・カローラレビン

当時のカローラには、セダンとは別にクーペボディの「カローラクーペ」があり、セダンと同じようなラインナップ構成でした。これら標準のクーペモデルとは性格の異なる「レビン」は、ボディタイプの区別というより高性能モデルとしての位置づけでした。

エンジンはセリカ1600GT用の1.6L直列4気筒の2T-Gを搭載、オーバーフェンダーなどでスポーティなフォルムを実現していました。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
ボディなど各部は見事にレストアされています

ビンテージ宮田自動車が出展したこのレビンは、まさにその初代1972年モデルです。ホイールなどはアフターメーカーのものに変更されていますが、ボディなど各部は見事にレストアされています。

後の4代目AE86、いわゆる「ハチロク」に受け継がれる軽量・ハイパフォーマンスな性能やフォルムは、まさにこのモデルから始まったことが、実車を見て実感できました。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
名車「ハチロク」の元祖といえるモデル

ちなみに会場には、ほかにも1966年式のS800や、1991年式ビートといった、ホンダが誇るコンパクトなオープンカーも展示されていました。

特にビートは、ホンダが一部の純正パーツを復刻したことで再び注目を浴びているモデルです。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
ホンダ・ビート

また、S800も現存する車両が少なく、旧車マニアの間では人気が高いモデルです。

トヨタ・ホンダ・マツダの激レア旧車
ホンダ・S800

もちろん、こういった有名な絶版車もいいですが、今回紹介したようなレアなクルマたちも今見るとなかなかいいですね。いずれも、今のクルマとは違う個性が光っている気がします。

(文/写真:平塚直樹)

『カーライフ』の最新記事
高速の渋滞では追い越し車線と走行車線のどっちが速い?
高速の渋滞は「追い越し車線」に移った方が早い? 実は「左車線」キープが時短になるワケ
老若男女が楽しめるレーシングシミュレーターは、気軽にモータースポーツをたしなむ選択肢
観光だけじゃない、クルマとバイクの文化があるカタルーニャ州
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事