車検に通る改造・通らない改造:マフラー編【保険/車検のミニ知識】

●チューニングの定番「マフラー交換」には、車検時の落とし穴がたくさん潜んでいる

排気音が変わりクルマの後姿を引き締めてくれるマフラー交換は、チューニングの定番となっています。しかし、交換後に車検に通らないということが判明しては、せっかくの交換も無駄になってしまいます。

そこで、今回は車検に通るマフラーチューニングのやり方や基準を解説していきます。正しい知識で、マフラーチューニングを行っていきましょう。

・マフラーが適合外となる要因

マフラーに対する車検時の検査項目は大きく分けると3つになります。

1つは近接排気の音量、次に最低地上高とボディはみだしなどの形状の問題、最後に劣化や破損についてです。1つでも適合から外れてしまうと車検を通すことはできません。それぞれの項目を全て基準内にする必要があるのです。

・音量は車検適合品と書かれていても安心できない

マフラーを選ぶ際に「車検適合」「保安基準適合」といった文言を良く見ます。これらの表記がされているマフラーであれば車検に通ると思われがちですが、この表記があるものの中にも実際に取り付けをしてみると、保安基準をクリアしていないというものがあるのです。

ユーザーからすると、「適合」という文言があれば、どのマフラーに変えても大丈夫と誤解を招きかねないものになってしまっていますが、これらの文言は、一定条件下で一定の数値をクリアしているということにすぎないので、実際に自分のクルマに装着して音を出し、音量測定をしてみないと本当に車検に適合するのかどうかはわからないのです。

マフラー
テールエンドがチタンブルーになっていたり、大きなテールエンドは迫力があり、マフラー交換は、チューニングでもドレスアップでも人気の項目です。

排気音量の基準は2010年4月以降生産のクルマで96デシベルとなっており、それ以前に作られたクルマでも最大103デシベルまでと決められており、車種によって規制値は変わります。

JAFMA(日本自動車マフラー協会)の認定品であれば、最大音量の96デシベルに対してギリギリのラインで製造することはないので、ほとんどの場合適合します。

これは、JAFMAが保安基準よりも厳しい独自基準を定めて、それをクリアしたもののみを認定しているためです。JAFMAの認定品でないものは保安基準適合と書かれていても、実際に取り付けてみると排気音量が大きすぎて保安基準適合しないケースが多くあります。

マフラーチューニングをする際には、JAFMAの認定を受けているか否かを確認するといいでしょう。

・ローダウン車は最低地上高問題が発生するかも

マフラー単体の音量や形状自体に問題がなくとも、取り付けた後にクルマ自体との適合が合わず、車検適合外となるケースも多くあります。その一つが最低地上高の問題です。

保安基準により、クルマの最低地上高は9cm以上の確保が必要です。排気管やサイレンサーが純正品よりも大きくなる傾向にある社外マフラーは、装着することにより、最低地上高9㎝が確保できなくなる可能性があります。

最低地上高の計測は、クルマの外周部に限らず内側の部分も全て含めたボディやシャシーに付属する部品の中で、最も低い位置にある物と地面との間で測られるものです。特に純正マフラー状態で、最低地上高ギリギリまでローダウンをしているクルマでは、この問題に大きく抵触する可能性が高いでしょう。

下回り
クルマの下回りを覗いてみると、結構凸凹があります。社外マフラーを取り付けるとどうなるのか、想像しながら選ばないと、取り付け後に問題が発生することも

また、元々のクルマの長さを3cm以上超えてしまう長さのマフラーや、マフラーの出口が尖っているものも保安基準適合外となります。音だけでなく形状にも注意しなければならないのが、マフラー交換です。

・純正マフラーでも破損や腐食には注意が必要

社外マフラーへの交換には様々な条件がつきますが、こと純正マフラーの場合はどうなのでしょうか。純正であれば二つ返事で車検に通るのかというと、必ずOKとは言い切れません。

マフラーは、エンジン、サスペンションなどと並び、クルマの中の非常に重要な部品の一つで、汚破損について厳しくチェックされます。

排気ガスを浄化する役割を担うマフラーの破損により、本来は外に出てこない有害なガスが放出される危険性があるため、小さなヒビ割れからガス漏れまで細かなチェックが行われ、汚破損が発見されてしまえば純正マフラーでも車検を通すことは難しくなってしまいます。

錆マフラー
車検時のチェックでマフラーは最重点項目に挙げられるほど厳しいものです。錆や破損は普段は見えませんが、クルマを上げてみたら腐食だらけということもあります。

穴の開いたマフラーをパテ埋めして修理するということもありますが、完全にガス漏れのない修復が行われないとダメです。マフラーの修理に関しては、高い技術と精度が求められます。

音量ダウンをさせるためにサイレンサーなどを取り付ける場合も、ネジ止めのような簡単に取り外しができる状態では破損部位と同じ扱いになってしまい、適合しません。マフラーへの取り付けは、リベットや溶接などの簡単に取り外しができない方法で取り付けなければなりません。

このように、形や音以外にも厳しい基準がマフラーには付きまといます。交換の際にも修理の際にも、その後の車検を通すことができるのかは、専門家としっかり話し合うことが重要でしょう、

・まとめ

マフラー交換の注意点や、車検を受ける際に指摘されることの多い事柄について解説してきました。騒音に対する規制が多く行われ、マフラーを取り巻く環境がどんどん変化しています。自分のクルマが、どの法規制に当てはまるのかしっかりと確認して、マフラーチューニングを楽しむ必要があるでしょう。

(文:佐々木 亘)