ながら運転対策にも有効! 次世代バイクナビ「BeeLine Moto」に新色・保護フィルムなどが追加

●海外で人気のバイクナビ「BeeLine Moto」がさらに充実

昨年12月から厳罰化されたながら運転。車だけでなくバイクでも適用されるので、スマホで十分とされていたライダーからもバイクナビが注目されました。

そんな中、海外で人気のバイクナビ「BeeLine Moto」が日本にもついに来日。今回新色が追加され、新しく保護フィルムなども追加されました!

これまでブラック、シルバーの2色だったビーラインモトですが、今回新たにガンメタリックグレーが追加されました。ハンドル周りに装着するナビなので、主張しすぎず無骨でカッコいいカラーが増えて、ますますどんなバイクにでも合うナビに!

ビーラインモトはクラウドファンディングで生まれたナビですが、ガンメタは当初無かったカラーで国内初登場。マウント次第でネイキッドはもちろん、フルカウルやオフロードバイク、スクーターにもマウントできます!

スマホと同じくビーラインモト専用の保護フィルムも登場。画面に指紋がついてしまったり、長らく使っていて小キズが入ってしまったりを防いでくれます。

フィルムは2種類あり、高光沢と低反射と好みに合わせて選べる仕様。9Hの硬度があるフィルムである程度の傷を修復する特殊シリコンが入った3層構造なので、万が一走行中に飛び石など細かいものが飛んできてもしっかり守ってくれます。

ビーラインモトは矢印で方向を教えてくれるバイク用ナビ

スマホをマウントして使うタイプのナビは、数秒ほど注視した時点でながら運転の取締対象になってしまいますが、ビーラインモトはスマホナビ以上に直感的に方向を指示してくれるので、運転中でもほんの一瞬だけの確認で十分なんです。

MotoBeでも実際に使ってインプレしましたが、これまでスマホナビばかり使っていた僕でも一発目からナビとして使うことができました。スマホでもビーラインモトでも注視して良い秒数などは全く変わりませんが、わかりやすさが違うため結果的に安全なんです。

フル充電から最長30時間使えるので、ツーリングに行って途中で電池切れ、ということも今まで一度もありません。スマホよりもスタイリッシュに、わかりやすく案内してくれるナビなのでよくツーリングに行くライダーや、都心を走るライダーなど、様々なライダーにおすすめできるナビです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連リンク】

BeeLine Moto
https://tyomac.com/beelinemoto/

【関連記事】


【ツーリング】バイクで行って欲しい!今までツーリングに行ってMotoBeが感動したスポット5選


【二輪男子必見】イマドキ女子にバイクはどう見える?彼氏に乗ってて欲しいバイクはどっち?!vol.1


【無料ナビアプリ】Yahooカーナビ、グーグルマップ、バイクに向いてるのはどっち?5年使ってみたレポート


【豆知識】これ知っておくと今後のバイクライフが変わる?バイクのタイヤって実は大きく分けて二種類あるらしい!

『MotoBe』の最新記事
ついにサーキットで初走行。レスポンス抜群のKOSOキャブと超絶ハンドリングでコケる気がしない!?【5万円SR】
ついに初走行決定!オイル、マフラー、360円キルスイッチなど、シェイクダウン直前の仕上げ整備【5万円SR】
他とは一味違う渋い灯りを探そう! バイクでキャンプするならビンテージランタン専門店・VIBLANTへ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事