新型「ハリアー」いよいよ6月に発進! 思わず目を惹く「ツイン・デイランプ」装備

■7年ぶりにフルモデルチェンジする新型ハリアー

トヨタ自動車が4月13日、本年の6月中旬に発売を予定している高級クロスオーバーSUV・新型「ハリアー」の特設サイトを公開しました。7年ぶりのフルモデルチェンジとなるもので、1997年12月発売の初代モデル以来、従来のカテゴライズに捉われない「都市型SUV」として新ジャンルを切り拓いて来たモデル。

同社によると今回の新型ハリアーは、見て、乗って、走り出した瞬間に心に響く感性品質を重視し、「より人生を豊かにするパートナーとしての存在」を目指したそうです。

スタイリッシュな新型「ハリアー」のリアビュー

新型のボディサイズは全長:4,740(+15)mm、全幅:1,855(+20)mm、全高:1,660(-30)mm、ホイールベース:2,690(+30)mmと、全長、全幅、ホイールベースがそれぞれ拡大しており、その反面、全高は低くなっています。

新型ハリアー(左)と現行モデル(右)のエクステリア比較

エクステリアではツインでL字型に発光するヘッドランプ内のDRL(デイタイムランニングランプ)が目を惹くとともに、リヤ廻りでは水平基調を強調したリアコンビネーションランプがハリアーの新型であることを主張しています。

思わず目を惹くL字型のツインDRL(デイタイム ランニング ランプ)

■調光式ガラスルーフやドライブレコーダー内蔵ミラーを装備

インテリアでは、トヨタ初採用となる走行中の前後方向映像が録画できるデジタルインナーミラーや、調光ガラスを用いた電動シェード付パノラマルーフの装備が注目されます。

トヨタ初採用となる前後方向映像を録画可能なデジタルインナーミラー(上)と調光式ガラスルーフ(下)
新型ハリアー(上)と現行モデル(下)のインテリア比較

クルマの骨格となるプラットフォームには、TNGAプラットフォーム (GA-K)を採用。ボディの高剛性化・低重心化を図り、ドライバーの感性を重視した乗り心地と走りを両立。サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにダブルウィッシュボーン式を採用しており、徹底した走り込みとチューニングにより、重厚感としなやかさをあわせ持つ「乗り味」を追求したそうです。

■ハイブリッド車にもFFモデルを設定

パワーユニットは直4直噴2.0L(171ps/21.1kgm)および直4直噴2.5L(178ps/22.5kgm)+モーターのハイブリッド(システム出力 2WD:218ps、4WD:222ps)で、新型では双方に4WDと2WD(FF)を設定。これまでハイブリッド仕様に無かったFFモデルの設定がトピックスとなります。

安全装備では予防安全パッケージとして「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。

車両価格は未発表ですが、安全性能の強化などに伴うコストアップで数十万円アップとなる見込みで、ゴールデンウィーク明けには先行予約が開始される模様。ついに姿を現した新型「ハリアー」の発売が待たれます。

Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

モデルチェンジが目前に迫ったトヨタ・ハリアー。人気SUV・RAV4との差別化は?
https://clicccar.com/2020/03/16/962552/

新型トヨタ・ハイランダーのスポーツモデル「XSE」グレードが新登場
https://clicccar.com/2020/03/13/962023/

5代目トヨタ「RAV4」が3年ぶりに国内市場向けに復活した背景とは?
https://clicccar.com/2019/04/30/780763/

【関連リンク】

新型トヨタ ハリアー特設サイト
https://toyota.jp/harrier/new/

『トヨタ・ハリアー』の最新記事
ハリアー街中試乗
新型ハリアーに求めるものは快適性か軽快感か? 清水和夫はどっち??【SYE_X】
新型ハリアーが挑んだ、デザインと使い勝手が両立する「ギリギリのライン」【新型ハリアー公道試乗】
ハリアー試乗
都会派SUVの先駆車・ハリアーは、さらに磨きをかけたスタイリッシュさがステキ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事