ルノー「カングー」のメルセデス版。「シタン」次期型プロトタイプをキャッチ

メルセデスベンツ シタン_005

■ナンバーは「SPY」。日産・三菱・ルノー共同開発の次期型は「カングーZE」と共有するフルEVも

メルセデス・ベンツのコンパクトLCV(商用車)、「シタン」の次期型プロトタイプをスウェーデン北部でカメラが初めて捉えました。

メルセデスベンツ シタン_006
メルセデスベンツ シタン 次期型プロトタイプ

2012年から発売されているシタンは、ルノー「カングー」をベースとし、多くのコンポーネントを共有するLCVで、「Aクラス」をベースとした同社の「バネオ」後継モデルにあたります。

メルセデスベンツ シタン_011
メルセデスベンツ シタン 次期型プロトタイプ

同社では、2019年8月にルノー日産三菱アライアンスと共同開発でシタン次期型を開発するとアナウンスしており、これが初のプロトタイプとなります。

捉えた開発車両のナンバーは、カメラマンをからかうように「SPY」の文字が確認できますが、厳重なカモフラージュのため、グリルさえも形を見ることはできません。しかし、次期型では、一見してメルセデスベンツと認識できるエクステリアとなり、貨物スペースが改善、ルノー「カングー」ダチア「ドッカー」と3兄弟となることが確認されています。

キャビン内では、最新のインフォテイメントシステムや安全支援システムなどのテクノロジーが導入されるでしょう。

メルセデスベンツ シタン_007
メルセデスベンツ シタン 次期型プロトタイプ

予想されるパワートレインはルノー最新世代の1.5リットル直列4気筒ターボディーゼル、最高出力80ps、95ps、116psを発揮するダイムラー/ルノーの1.3リットルdCiターボユニットがラインアップされます。また「カングーZE」と共有するフルEVも期待できそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
アストンマーティン ザガート_002
ペアで限定19セット・総額8億円!? アストンマーティン・DBS GTザガートをキャッチ
メルセデスベンツ シタン_004
メルセデス・ベンツ版カングー「シタン」初のフルモデルチェンジへ!
メルセデス G 4x4_002
Gクラス最強の4×4²が4年振りに復活! 市販型プロトタイプをキャッチ
シボレー コルベットC9_002
再びFRに回帰!? シボレー コルベット「C9」はC7までの伝統的スタイルを踏襲?
ダチア ドッカー_001
自慢は安さとパワフルな走り。ダチア版「カングー」の新型プロトタイプ、ワインディング・ロードで躍動
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事