新型「日産ルークス」登場! 最新プロパイロットと驚異の後席スライド量でN-BOXとスペーシアに真向勝負【新車】

日産自動車 ルークス

■ホイールベースを60mm延長し、前席シートを持ち上げたミニバン風に進化

2020年2月25日、日産自動車は、新型ルークスを発表しました(発売は2020年3月19日)。今回のフルモデルチェンジにより、車名は日産デイズ・ルークスから日産ルークスに変更されています。

同モデルは、軽自動車で最も人気のセグメントである軽スーパーハイトワゴンに分類され、日産自動車と三菱自動車工業の合弁会社NMKVのマネジメントの下、日産が企画、開発を行いました。生産は、日産デイズと同じように三菱自動車が受け持ちます。

日産自動車 ルークス
軽スーパーハイトワゴンの新型日産ルークスが登場した

先代となる日産デイズ・ルークスは、便利で乗降性の良いオートスライドドアや、前方の状況をモニターし、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」などが好評を得て、2009年の初代モデルの発売以来、累計で約61万2000台を販売してきました。

日産自動車 ルークス
ミニバン並の室内高1400mmによる広いキャビンが自慢

新型ルークスのプラットフォームは日産デイズと同じで、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現しています。座った際の膝まわりのスペースも十分に確保されており、後席ニールームは驚きの795mmです。また、後席の室内高はミニバン並みの1400mmなので、小さな子どもであれば立ったまま着替えることもできます。

日産自動車 ルークス
日産ルークスのインパネ

後席は最大320mmスライドさせることができます。前方にスライドさせると、運転席に座ったまま後席に座っている子どもに手が届くなど、子どものお世話がしやすくなっているのが自慢ポイントの一つ。また、先代よりも前席のシートのヒップポイントが60mm高くなったことにより、広い視界が確保されている点も注目です。

『日産自動車』の最新記事
日産ルークス、三菱eKクロス スペース・eKスペースにDUNLOP「エナセーブ EC300+」を納入
ルークス・アイキャッチ
乗用車的ではない「箱」でスタイリングの可能性を探る。日産・新型ルークスのおおらかなデザインとは?
日産自動車 クリックモビ
日産が定額利用サービスのNISSAN ClickMobi(クリックモビ)を北海道から本格稼働
日産セレナがJNCAPにおいて141点の満点達成。最高評価の「ASV+++」を獲得!
言いたい放談
清水和夫が日本のクルマ産業に喝! 現場ドライバーの声をエリート設計部はちゃんと聞け!【SYE言いたい放談】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事