新型「日産ルークス」登場! 最新プロパイロットと驚異の後席スライド量でN-BOXとスペーシアに真向勝負【新車】

日産自動車 ルークス

「ハイウェイスター」のエクステリアは、堂々とし、より大きく見えるワイド感と高い質感で、作り込まれた存在感を放つとしています。一方の「スタンダード」シリーズは、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを追求。

日産自動車 ルークス
ハイウェイスターとスタンダードシリーズを設定する

ハイウェイスターシリーズのインテリアは、洗練された空間と、直感的な使い勝手で、きれいに楽に使えて、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質に仕上げたそう。スタンダードシリーズは、明るいグレージュの内装色により包まれるようなリラックス感あふれるキャビンになっています。オプションインテリアも用意されていて、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションを実現。内外装は、上質感の追求がひとつのテーマになっているようです。

日産自動車 ルークス
オプションインテリア

設定されるボディカラーは、2トーンが5色、1トーンが12色と多彩なバリエーションを誇っています。また、今回、スタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの、「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色は新色となり、軽自動車のクラスを超えた質感にこだわったそうです。

価格帯は、2WDの直列3気筒NAエンジンが1,415,700円〜1,843,600円。2WDのターボ仕様「ハイウェイスター G ターボ プロパイロットエディション」が1,932,700円。4WDのNAエンジン仕様が1,549,900円〜1,977,800円。4WDのターボ仕様「ハイウェイスター G ターボ プロパイロットエディション」が2,066,900円です。

日産自動車 ルークス
写真はAUTECH仕様

また、「AUTECH」仕様は2WDが1,747,900円、4WDが1,882,100円。助手席スライドアップシート仕様が1,801,000円〜2,071,000円。「送迎タイプ」の2WDが1,470,700円〜1,634,600円。4WDが1,6049,00円〜1,768,800円です。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事
ルノー日産三菱アライアンス会見 イメージ
ルノー・日産・三菱の3社が共同会見。アライアンスの有利な点を強化し、競争力を向上へ
日産 GT-R_002
フェアレディZやGT-Rはどうなる!? 日産自動車が28億ドルのコスト削減へ
日産自動車 EV救急車
日本初のEV救急車が東京消防庁の「デイタイム救急隊」に向け日産自動車から納車
日産・ジュークの後継? 日本発売が秒読みとウワサの「キックス」の顔が変わった
日産 e-NV200 XL Voltia
ヨーロッパに投入される「日産 e-NV200 XL Voltia」は、e-NV200の荷室を90%拡大
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事